その他

ジョージ・クルーニー4  『オーシャンズ13』4(2ページ)

    作品名:オーシャンズ13 Ocean’s Thirteen (2007)
    監督:スティーブン・ソダーバーグ
    衣装:ルイーズ・フログリー
    出演者:ジョージ・クルーニー/ブラッド・ピット/アル・パチーノ/マット・デイモン/エレン・バーキン/アンディ・ガルシア/ドン・チードル/エリオット・グールド/カール・ライナー/ヴァンサン・カッセル



    ヒューゴ・ボスを着たマット・デイモン

    マット・デイモンのスーツはヒューゴ・ボスです。

    スポーツマンに良く似合うシルエットが定番のヒューゴ・ボス。

    ライナス・コールドウェル・スタイル1 ネイビースーツ
    • ヒューゴ・ボスのストライプのネイビースーツ、ノッチラペル
    • 水色のシャツ
    • 水色のシルクタイ

    かつてドイツの第三帝国において、ナチスドイツの親衛隊やヒトラー・ユーゲントの制服を製造していたヒューゴ・ボスは、現在においては、アメリカの主要都市はもちろん、どの空港にも支店があり、スポーツをするがっちりした男らしい体格にフィットするスーツ・ブランドとして鉄板の人気を誇っています(ただし、肩幅が狭い日本人にはなかなか厳しいシルエットが多いのも事実)。

    マット・デイモンが演じるライナス・コールドウェルが着ているスーツのほとんどは、ヒューゴ・ボスかJ.プレスによるものです。



    ジョルジオ・アルマーニのブラックスーツ

    ジョージ・クルーニーの本作におけるベスト・ファッションです。

    ロマンスグレーにブラックスーツとホワイトシャツ。

    スーツをカッコよく着こなす裏技は、胸ポケットの付いているシャツを選ばず、ドレスシャツをチョイスすることです。

    上質に仕立てられたドレスシャツ。

    ダニー・オーシャン・スタイル4 メン・イン・ブラック
    • ジョルジオ・アルマーニのブラック・スーツ、細身、ノッチラペル
    • 白のドレスシャツ
    • ブラック・レザーベルト、スクエアバックル
    • 黒のオックスフォード
    • ペルソール 2157

    1990年代にブラックスーツを冠婚葬祭スーツのイメージから、ファッショナブルなアイテムへと転換させたジョルジオ・アルマーニ。そして、2001年に誕生したディオール・オムエディ・スリマンが、さらにブラックスーツをハイパーモードの領域へと昇華させたのでした。



    マット・デイモンが最もカッコよく見えるホワイト・スーツ

    蒼々たるオーシャンズ13の面々の一番前に立つホワイト・スーツ姿のマット・デイモン。

    ラストシーンもこのホワイトスーツでした。

    ホワイト・スーツでキメていても、足元はローファーで優しさを加えています。

    ライナス・コールドウェル・スタイル2 ホワイトスーツ
    • ヒューゴ・ボスのクリームカラー・スーツ、ノッチラペル、サイドベンツ
    • 水色のロンドンストライプシャツ
    • ブラウン・ローファー
    • サングラス

    マット・デイモンが本作において、最もクールに見えるスタイルがこのホワイトスーツです(実際はクリーム色)。80年代風のゆったりとしたシルエットが、オーシャンズ・シリーズを通してライナスも成長したことを伝えてくれます。それでいて、ブラウンのローファーがワンポイント・アイテムとして、「キメすぎない男の美学」を生み出してくれています。



    ページ:

    1

    2

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。