オリヴィエ・ポルジュ

チャンス オー タンドゥル オードゥ パルファム (オリヴィエ・ポルジュ)

    香水名:チャンス オー タンドゥル オードゥ パルファム Chance Eau Tendre Eau de Parfum オード・パルファム
    ブランド:シャネル
    調香師:オリヴィエ・ポルジュ
    発表年:2019年
    対象性別:女性
    価格:50ml/11,000円、100ml/16,000円
    公式ホームページ:シャネル








    トップノート:グレープフルーツ、マルメロ
    ミドルノート:ジャスミン、ローズ
    ラストノート:ホワイトムスク

    2003年に「チャンス」シリーズが発売され、その第三弾として、2010年に発売されたフレグランス「チャンス オー タンドゥル」は、今では最も売れているシャネル・フレグランスの一つになりました。「タンドゥル」とは、フランス語で「優しい」「柔らかい」という意味です。そんなオード・トワレとして発売された「オー タンドゥル」のオード・パルファム版が、2019年1月4日に発売されました。

    オード・パルファム版は、別名〝大人のチャンス〟とも言えます。

    グレープフルーツとマルメロから始まるオープニングのシトラスが、こちらでは脇役として香りに生命力を与えます(さりげなくピンクペッパーが追加されている)。そして、オード・トワレ版よりも華やかかつ柔らかいフローラルを演出するためにローズがこちらでのみ使用されています。そこに芳醇なジャスミンアブソリュートが加わり、ラストのクリーミーなホワイトムスクが、大人の「チャンス」のムードを創り出しています。

    この香りは、ジャック・ポルジュが調香した「チャンス オー タンドゥル」(オード・トワレ)を、息子であるオリヴィエ・ポルジュが再解釈したフローラル フルーティのオード・パルファンであり、その万能性は、より洗練されたものになっています。

    ただし、一つだけ言及するならば、オード・トワレで発売されていたある作品のオード・パルファム版を発売することを新作と言うことは間違いだろう。それは新たなる構想と調香によって生み出される新作香水の持つ意味とは、まったく労力を異にするものであり、昨今のフレグランス販売における、商業主義の激化が生み出した悪しき風潮のひとつです。(ちなみに海外では、この作品はニュー・ヴァージョンとして紹介されています)。

    本作のキャンペーン・フォトは、チャンス・シリーズお馴染みのジャン=ポール・グードによって手がけられました。



    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP