ブラッド・ピット

ブラッド・ピット6 『オーシャンズ12』1(2ページ)

    作品名:オーシャンズ12 Ocean’s Twelve (2004)
    監督:スティーブン・ソダーバーグ
    衣装:ミレーナ・カノネロ
    出演者:ジョージ・クルーニー/ブラッド・ピット/マット・デイモン/ジュリア・ロバーツ/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/アンディ・ガルシア/ドン・チードル/スコット・カーン/エリオット・グールド/カール・ライナー/ヴァンサン・カッセル



    21世紀の「コート」の美学が詰まった作品。

    ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン。

    『オーシャンズ12』の主役は、もはや、ジョージ・クルーニーではなく、ブラッド・ピットとマット・デイモンだと言えるでしょう。そして、もう一人の主役キャサリン・ゼタ=ジョーンズの存在感が、ジュリア・ロバーツを圧倒しました。

    この作品のファッション的なポイントをあげるとするならば、それはこの一点につきます。それはコートです。男女合わせてこれほど魅力的なコートが現われる作品も少ないでしょう。そうです『オーシャンズ12』は「コートの映画」なのです。

    特にブラッドとキャサリンが着ている数々のコートのカッコ良さは、確実にタイムレスな魅力に溢れています。そして、そこに隠し味のように、マット・デイモンの見事なコメディアンぶりが、コート・スタイルの生み出すクール一辺倒な世界観に、柔らかなドレープを生み出してくれています。



    ANTOビバリーヒルズ=ハリウッド・シャツの帝王

    オープニングは、レザースタイルで登場するラスティ・ライアン。

    当時40歳のブラッド・ピットが、野暮ったいヘアスタイルで登場します。

    バスルームには、フィリップB.の名前が。

    ラスティ・ライアン・スタイル1 レザー・ジャケット
    • 薄手のブラック・レザー・ジャケット
    • 仕立ての良いショート丈のブルーの半袖シャツ
    • リーバイスのブルージーンズ

    オープニングに登場するブラッド・ピットの奇妙なウィッグ姿。そこで映し出される彼が愛用している美容品の数々。そのうちのひとつが「フィリップB.」です。ハリウッドのヘア・トリートメント・エキスパートとして名高いフィリップB.が展開しているヘアケア・ブランドです。


    そして、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ扮するイザベルとの回想シーンの中で、オルネラ・ヴァノーニ「L’Appuntamento 逢いびき」が流れます(ラストにも再び流れる)。『オーシャンズ11』がダニー・オーシャンの恋の物語なら、この作品は、ラスティ・ライアンの恋の物語なのです。二人の男女が心の奥底で持っている「不意に別れたあの人にもう一度会いたいと願う想い」を歌うこの曲こそ、この作品の根底に流れるロマンティックなムードなのです。



    本当にクールな男は、オールブラックに白か赤を挿す。

    ボタン付きのアスコットタイが、美しいです。

    テリー・ベネディクト・スタイル1
    • ラペルや腰ポケットにワンポイントのレザーパイピングがされているブラックジャケット
    • 白のドレスシャツに白のアスコットタイ
    • ブラック・レザーシューズ
    • ラウンド・サングラス
    • ステッキ

    冷酷な死刑宣告人のようなファッション。

    赤のアスコットタイに同色の革手袋のアンサンブル。

    テリー・ベネディクト・スタイル2
    • ラウンド・サングラス
    • 赤色のアスコットタイ
    • 黒のマオスーツ。くるみボタン
    • 黒のチェスターフィールドコート
    • 赤の革手袋
    • ブラック・レザーシューズ
    • ステッキ

    アンディ・ガルシア(1956-)扮するテリー・ベネディクトは、本作においてはほとんど登場しません。しかし、その僅かな出演において、アスコットタイを中心にしたクール・エレガントなスタイルで、私たちを魅了してくれます。まさに禅の精神を西洋のスーツのデザインに反映させた成功例をそこに見ることができます。



    最強のモノをひとつ挙げよ。答え=オシャレなおじいちゃん。

    男にカラフルが許されるのはおじいちゃんだけ。

    隙がないほどにダンディで、エレガントで、そして、かわいいです。

    ソール・ブルーム・スタイル1
    • ネイビー・スポーツジャケット、ノッチドラペル、金の2つボタン
    • グレーのスラックス
    • ホワイトカラーの白×ピンクのストライプ・シャツ
    • マルチカラーのレジメンタルタイ
    • ゴールドのネクタイピン
    • ネイビー・サテンの水玉模様のポケットチーフ

    おじいちゃんファッションの最先端に存在するのが、カール・ラガーフェルドであるならば、ここにもう一人忘れてはならないおじいちゃんのファッション・アイコンのカールがいます。その名は、カール・ライナー(1922-)です。彼が扮するソール・ブルームは、『オーシャンズ』シリーズで、人気のあるキャラクターの一人です。

    おじいちゃんでありながら、バシっと決めると実に可愛らしく、頬ずりしたくなるおじいちゃんなのです。この人の存在は、世界中のおじいちゃんに光を与えています。それはこういうスタイルに身を包めば、若い娘たちの心を鷲づかみに出来るんだという絶対ルールを示してくれているからです。枯れ果てたその肉体にマルチカラーという栄養素を与えることにより、絶妙なかわいさが生まれるのです。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. ブラッド・ピット8 『オーシャンズ12』3(2ページ)
    2. ブラッド・ピット9 『スナッチ』1(2ページ)
    3. ロバート・デ・ニーロ1 『タクシー・ドライバー』1(3ページ)
    4. ブラッド・ピット3 『オーシャンズ11』1(3ページ)
    5. ブラッド・ピット1 『ファイトクラブ』1(3ページ)
    6. アラン・ドロン4 『太陽はひとりぼっち』3(2ページ)
    7. リチャード・ギア2 『アメリカン・ジゴロ』2(2ページ)
    8. フィル・ダニエルズ/スティング2 『さらば青春の光』2(2ページ…

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP