ブラッド・ピット

ブラッド・ピット7 『オーシャンズ12』2(3ページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品名:オーシャンズ12 Ocean’s Twelve (2004)
監督:スティーブン・ソダーバーグ
衣装:ミレーナ・カノネロ
出演者:ジョージ・クルーニー/ブラッド・ピット/マット・デイモン/ジュリア・ロバーツ/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/アンディ・ガルシア/ドン・チードル/スコット・カーン/エリオット・グールド/カール・ライナー/ヴァンサン・カッセル



ラスティ・ライアンのアイコニック・ファッションそのニ。

メンズ・トレンチコート史上最高のデザイン。

前で結んでさまになるメンズ・トレンチはなかなかない。

サングラスはディーゼルのコブレッティ。

ローマ・クラスの街にのみ生えるこの光沢感。

そして、優雅なドレープを生み出す生地感。

ラスティ・ライアン・スタイル4 オリーブ・トレンチコート
  • オリーブカラーのトレンチコート
  • サックスカラーのドレスシャツ
  • サングラスはディーゼルのコブレッティ

ミレーナ・カノネロのデザインの秀逸さが伺えるのが、このオリーブ・カラーのトレンチコートです。そのシルエットは砂時計型の女性のトレンチコートのようなシルエットです。そして、2017年においては、本作中、最もファッショナブルで実用的なトレンチコートです。

男がスカートを履いているようなトランチコートが流行する時代ももう目の前にやってきています。



メンズ・アクセサリーの教科書

泥棒稼業に対して、モラルを説くライナスに失笑するラスティ。

見事に散りばめられた男の色気。

ラスティ・ライアン・スタイル5 ブラック・ドレスシャツ
  • ブラック・ドレスシャツ
  • カフスボタン、小指にリング、ブレスレットとネックレス(当時の妻ジェニファー・アニストンとの結婚指輪のレプリカが付いている)

ライアンが『組織論』を語り、皆から失笑されるシーンにおけるブラッド・ピットのアクセサリー使いが実に素敵です。合計6点のアクセサリーをブラックシャツからちらつかせながらも、決して下品にはならない散りばめ具合が絶妙です。とくにこのブレスレットが美しいです。



ラスティ・ライアンのアイコニック・ファッションその三。

そして、登場するブラックレザー・トレンチコート。

ボタンは開けているが、ネクタイは崩しすぎないのが美しい。

肉厚のトレンチコートを着こなすのはかなりの難易度です。

コートの中には、シャンパングレーのドレスシャツ。

ラスティ・ライアン・スタイル6 ブラックレザー・トレンチコート
  • ブラック・レザーのトレンチコート
  • シャンパングレー・ドレスシャツ
  • シルバータイ
  • ブラック・トラウザー
  • サングラスはディーゼルのコブレッティ

公開当時最も話題を呼んだブラッド・ピットのファッションがこれです。オールレザーのブラック・トレンチコートです。膝上のサイズ感ですが、シャンパングレーのドレスシャツとの相性が抜群です。

バーバリーやジョン・ローレンス・サリバンなどで見かけるオールレザー・トレンチ。これをエレガントに着こなせる人は、ファッショニスタという言葉の次元を超えた人でしょう。それくらいにこのスタイルが決まる人は、地球上にそれほど存在しません。



ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ジェイソン・ステイサム1 『トランスポーター』(2ページ)
  2. ブラッド・ピット3 『オーシャンズ11』1(3ページ)
  3. ウォーレン・ベイティ2 『俺たちに明日はない』5(2ページ)
  4. ブラッド・ピット8 『オーシャンズ12』3(2ページ)
  5. アラン・ドロン4 『太陽はひとりぼっち』3(2ページ)
  6. アル・パチーノ1 『スカーフェイス』1(3ページ)
  7. アル・パチーノ3 『スカーフェイス』3(2ページ)
  8. ショーン・コネリー10 『007 ダイヤモンドは永遠に』2(3ペ…

女性目線の男磨き

PAGE TOP