ジェームズ・ボンド

ロジャー・ムーア1 『007 死ぬのは奴らだ』1(2ページ)

    作品名:007 死ぬのは奴らだ Live And Let Die(1973)
    監督:ガイ・ハミルトン
    衣装:ジュリー・ハリス
    出演者:ロジャー・ムーア/ジェーン・シーモア/ヤフェット・コットー/グロリア・ヘンドリー/マデリン・スミス



    三代目ジェームズ・ボンド=ロジャー・ムーア登場。

    ワニがモーターボートを呑み込む!すごい!公開当時のポスター。「ポール・マッカートニーのラブ・テーマに乗ってニュー・ボンド華麗に登場!」

    ブラック・パワーがボンドムービーを呑み込んだ!

    本作から、初めて帽子なしのガンバレルシーンが披露された。

    007シリーズ第8弾にして三代目ボンド・ロジャー・ムーア(1927-2017)の登場です。ショーン・コネリーが『007/ドクター・ノオ』(1962)から『007 ダイヤモンドは永遠に』(1971)に渡る6作品で築き上げたジェームズ・ボンド像を継承することは、どんな俳優にとっても不可能なことでした。

    だからこそ、ロジャー・ムーアは、初代ボンドとは全く違うイメージのボンド像を作り上げることにしたのでした(1962年に、原作者イアン・フレミングは、ムーアこそボンドのイメージにぴったりだとお墨付きを与えていた)。こうして生まれたムーア=ボンドは、コネリー=ボンドの超人的なイメージよりも、下に羅列するように、一般男性に受け入れやすいキャラクターになりました。

    1.モテモテではないが、何回フラれてもめげない(何回ジョークがすべってもめげない)強心臓
    2.世界を股にかけるフットワークの軽さ
    3.戦闘力が低そうだからこそ、秘密兵器に頼る説得力
    4.日本人で例えると植木等高田純次がスパイになっている感覚
    5.たまにとてつもなくカッコよく見える瞬間がある

    以上のように考えると『007 ダイヤモンドは永遠に』もムーア=ボンドで作られるべきストーリーだったのだろう。彼だったら、ゲイカップルの殺し屋にもより面白く対応できたことだろう。以後、ムーア=ボンドは、ブードゥー軍団や黄金銃を持つ男、ジョーズ、グレース・ジョーンズなどの一癖も二癖もある殺し屋たちと、世界中を観光しながら、嬉々として戦い合うことになるのでした。それは一言で言うと、より女好きで、よりジョーク好きで、よりお調子者の、〝世界一の無責任男=テキトー男〟の誕生の瞬間だったのです。



    タキシードを着て、登場しなかった三代目ジェームズ・ボンド

    初代及び二代目ボンドとは違い、お披露目シーンは、フォーマルな姿ではなかった。

    マデリン・スミスといちゃつくオープニング。

    ジェームズ・ボンド・スタイル1 ドレッシングガウン
    • ペールイエロー・コットン、ドレッシングガウン、ハーフスリーブ、赤のパイピング、ショールカラー、JBのモノグラム入り、ワシントン・トレムレット
    • 同色のパジャマ・トラウザー
    • パープル・ブルベットのプリンス・アルバート・スリッパー

    • ハミルトンパルサーP2 2900LEDデジタル・ウォッチ

    相当頭を捻ったに違いない三代目ボンドのお披露目が、気の抜けたコーラのような、調子抜けするシーンによって始まります。自宅で、JBのモノグラム入りのガウンを着て、他国の同業者ミス・カルーゾーと愛し合っているところに、上司のMとマネーペニーがやって来るのです。ラ・パボーニのユーロピコラのエスプレッソマシーンで、上司に給仕する姿から、ジェームズ・ボンドのお披露目は始まるのです。

    ちなみに、このシーンで登場するデジタル時計「ハミルトン・パルサーP2」は、1970年に開発された世界で初めてのデジタル時計です。ただし、70年代後半のセイコーやタイメックスなどのLCD時計(液晶時計)がデジタル時計の主流となり、1983年にはカシオ・Gショックの登場と相成るわけです。



    ジェームズ・ボンド、再びアメリカへ・・・

    前作のラスベガスに続き、今度はニューヨークのハーレムへ。

    そして、ボンドガール・ジェーン・シーモアと顔合わせする。彼女こそ歴代No.1美少女の呼び声も高いボンドガールの1人だ。

    監督のガイ・ハミルトンとポン引きファッションの黒人俳優二人と、ロジャー・ムーア。

    1970年代のハーレムは、本当に世界有数の危険地帯だった。

    決してコートを脱がないボンド。

    ジェームズ・ボンド・スタイル2 チェスターフィールド・コート
    • テーラー:シリル・キャッスル
    • ネイビー・ダブル・チェスターフィールド・コート、ピークラペル、ベルベット・カラー、膝より上の短めの丈、カシミア・ウール
    • ネイビー・スーツ、シングル、2つボタン、ノッチラペル、サイドベンツ
    • ペールブルーのコットンポプリンシャツ、カクテル・カフス、フランク・フォスター
    • ロイヤルネイビーのシルクのレジメンタルタイ、赤と白のストライプ

    • ロレックス・サブマリナー5513
    • ブラック・レザーグローブ
    • ブラック・タッセル・ローファー、キューバン・ヒール

    ロジャー・ムーアとシリル・キャッスル。

    ムーア=ボンドのスーツを仕立てるのは、アンソニー・シンクレアではなく、シリル・キャッスルです(共に、サヴィル・ロウに隣接するコンジット・ストリートにある)。ムーアはイギリスの人気TVドラマ『セイント 天国野郎』(1962-69)と『ダンディ2 華麗な冒険』(1971-72)のスーツもシリル・キャッスルに仕立てて貰っていました。後にサヴィル・ロウでスーツを仕立てたことのなかったフランク・シナトラにもシリルを紹介し、以後、シナトラのスーツも仕立てるようになります。

    1960年代初めには、後にステラ・マッカートニーが研修することになる伝説のカッター・エドワード・セクストンもシリルに弟子入りしていました。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. チャールズ・ブロンソン/ジェームズ・コバーン1 『大脱走』3(3…
    2. フレッド・アステア1 『パリの恋人』6(3ページ)
    3. ロバート・レッドフォード3 『華麗なるギャツビー』7(2ページ)…
    4. スティーブ・マックイーン4 『大脱走』2(2ページ)
    5. ダニエル・クレイグ3 『007 スペクター』3(2ページ)
    6. アラン・ドロン4 『太陽はひとりぼっち』3(2ページ)
    7. ショーン・コネリー8 『007は二度死ぬ』2(2ページ)
    8. ヴィンセント・ギャロ 『バッファロー’66』(3ペー…

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP