究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】アクア アレゴリア ジェンティアナ(ジャン・ポール・ゲラン)

ゲラン
ゲランジャン・ポール・ゲランブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

アクア アレゴリア ジェンティアナ

原名:Aqua Allegoria Gentiana
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ジャン=ポール・ゲラン
発表年:2001年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:75ml/6,000円

スポンサーリンク

珍しいリンドウの香り


ゲランが、極めつけの天然素材をピックアップし、その素材から明るい一面を引き出し、幸せなひとときを人々に与えてくれる軽やかな香りを作るというコンセプトで、1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ

ジェンティアナ」はその第三弾として2001年に発売された2作品のうちのひとつです。ジャン=ポール・ゲランにより調香されました。2001年は、新作2作品と「パンプルリューヌ」「ハーバフレスカ」「イラン&バニーユ」の計5作品が発売されていました。

9月から11月にかけて高原に咲く美しい野生の花ジェンティアナ(リンドウ=竜胆)。曇るとしぼみ、日が当たると花咲くこの花がテーマです。

グレープフルーツやベルガモットといった爽やかな柑橘系からこの香りははじまります。少なくともトップには、リンドウという香りのイメージはございません。

やがて、リンドウが洋ナシのジューシーさを伴い、涼しげな緑が引き立つミドルノートと共に優しく登場します。そして、だんだんとベースのシダーウッドとサンダルウッド、ムスクが存在感を現してゆき、高原に咲くリンドウに吹く優しい風のような心地よさに香り全体が包まれていきます。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:アクア アレゴリア ジェンティアナ
原名:Aqua Allegoria Gentiana
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ジャン=ポール・ゲラン
発表年:2001年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:75ml/6,000円


トップノート:オレンジ、ライム、グレープフルーツ、ベルガモット
ミドルノート:洋ナシ、リンドウ
ラストノート:シダーウッド、サンダルウッド、ムスク

タイトルとURLをコピーしました