究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】アクア アレゴリア イラン&バニーユ(マチルド・ローラン)

ゲラン
ゲランブランドマチルド・ローラン調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

アクア アレゴリア イラン&バニーユ

原名:Aqua Allegoria Ylang & Vanille
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:マチルド・ローラン
発表年:1999年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:75ml/6,000円

スポンサーリンク

昭和マダムの〝スキ〟の香り


ゲランが、極めつけの天然素材をピックアップし、その素材から明るい一面を引き出し、幸せなひとときを人々に与えてくれる軽やかな香りを作るというコンセプトで、1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ

「イラン&バニーユ」は、その記念すべき最初の5作品のうちのひとつとして、マチルド・ローランにより調香されました。5作品の中で、最もゲランらしいフロリエンタルの香りであり、ゲランの最高品質のバニラとジャスミンが使用されています。

カーネーションが、イランイランの甘さを程よく制しながら、ゲランの最高品質のバニラとジャスミンを迎えます。そこにパウダリーなアイリスが現れ、現在のアクア・アレゴリアには存在しないような、昭和のオトナの女性の浴衣姿のような〝スキ(隙)〟に誘い込むような香り立ちを優しく解き放ちます。

絶対にわかり難い喩えをすると、『疑惑』(1982)の頃の40代に突入した岩下志麻様が、唯一つけることが出来るオード・トワレ。つまりは、普段は、ゲランのパルファムをつけこなせる昭和マダムが、スキを見せるときに役立つ「魔の刻」の香りです。

10年ほどレギュラー販売されていましたが、現在では廃盤となっています。

香水データ

香水名:アクア アレゴリア イラン&バニーユ
原名:Aqua Allegoria Ylang & Vanille
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:マチルド・ローラン
発表年:1999年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:75ml/6,000円


トップノート:カーネーション、イランイラン
ミドルノート:ジャスミン、アイリス
ラストノート:バニラ

タイトルとURLをコピーしました