究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【メゾン フランシス クルジャン】コロラトゥーラ(フランシス・クルジャン)

フランシス・クルジャン
フランシス・クルジャンブランドメゾン・フランシス・クルジャン調香師香りの美学
この記事は約4分で読めます。

コロラトゥーラ

原名:Coloratura
種類:エキストレ・ドゥ・パルファム
ブランド:メゾン・フランシス・クルジャン
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2012年
対象性別:ユニセックス
価格:70ml/210,000円

スポンサーリンク

天然のスズランの香料で生み出された20万円の香り

©Maison Francis Kurkdjian

2012年にロシア限定の香りとしてメゾン・フランシス・クルジャンが発売した〝幻のロシアの香り〟「コロラトゥーラ」。フランシス・クルジャンによって調香されたこの香りは、2013年11月6〜11日にかけて初めて開催された香りの祭典「イセタン サロン ド パルファン」(伊勢丹新宿本店 本館7階催物場)の呼び物として70ml/20万円を越える価格で数量限定発売されました。

恐らく当時、史上はじめて天然のスズラン(水蒸気蒸留法)により生み出されたスズランの香りだったのではないでしょうか。

全世界100個限定で作られたこの香りは、そのうち50個がロシアで発売され(10万ルーブル)、残り半分は、アメリカとサウジアラビア、日本で発売されました。

自然のスズランの香りは、とても繊細かつ複雑です。それはグリーンを基調とした、ローズの馥郁な甘さとレモンの透き通るようなフレッシュ感を併せ持つ金属音のようなフローラルな香り立ちが特徴です。

スズランの花からは蒸留、溶媒、二酸化炭素抽出法などの従来の抽出方法では、有用な量の精油を分離できず、さらに天然香料をブレンドし、スズランの香りを再現することも不可能だと言われてきました。

そんな中、エドモン・ルドニツカが1956年に、ディオールで生み出したスズランの傑作「ディオリシモ」を、自然界には存在しない合成香料ヒドロキシシトロネラールを駆使して生み出しました。

それはルカ・トゥリンが『世界香水ガイド』で、「ディオリシモはミュゲ、すなわちスズランの香りだけを表現した香水のお手本である。天然のスズランからは香料を抽出することができないため、ミュゲ調の香水はどれも調合してつくられたものである。1956年のディオリッシモのオリジナルによって、エドモン・ルドニツカは戦後のフランス香水界におけるモーツァルトとなった。」と評したほど、後のスズラン香水に影響を与える香水でした。

オリジナルの「ディオリシモ」(ヒドロキシシトロネラールが規制される以前の香り)は、「苦もなく軽々と高温が昇っていく偉大なソプラノ歌手の声に似ている」香りだったのでした。

そんな、かつてとんでもなく素晴らしいスズランの香りが存在した時代に想いを馳せて生み出したのが「コロラトゥーラ」なのです。

小さな妖精の囁きのような香り

ソプラノ歌手のオペラの歌唱法「コロラトゥーラ」の名が冠せられたこの香りは、かつてスズランの香水が持ちえた、鈴のような形がした花が繊細に揺れる透明感=儚さを21世紀に蘇らせようと試みた香りでした。

「コロラトゥーラ」という歌唱法を知ることがこの香りのイメージをより的確に理解するための早道となります。そして、最もよく分かるのがモーツァルトの歌劇『魔笛』における第2幕の夜の女王(ソプラノ)によるアリアです(上記の動画において0:50辺りからはじまります)。この歌声からクルジャンは、鈴が鳴り響くような繊細で儚い美しさを感じたのでした。

息を吸っているように見えながら、高声が出ているというとても神秘的な歌唱法であり、美しい旋律に感動する一方で、「これが人の声なのか?」と思うほどの線の細さ(声の震え)にうっとりしてしまうのです。その感動をボトルに封じ込めたのがこの香りなのです。

20万円台の価格帯からは想像もつかない程、繊細な小さな妖精の囁きのような香りこの香りは、まず最初にマンダリン・オレンジとシシリア産レモンが風に乗って、フレッシュな春を呼び込むようにしてやって来ます。

そんな優しくも華やかな柑橘の輝きに誘われて、野生のスズランがクリスタルベルの音のようにひとつの音がずっと長く続いていくように香ります。そして、透き通るようなスズランのクリスタルベルを、ホワイトリリー、ピオニー、ローズの新鮮さで包み込んでゆくのです。

こうして合成香料で生み出されたスズランの香りが避けて通ることが出来ないメタリックな香りを易々と飛び越え、プラチナの輝きを生み出してゆくのです。

スズランが鈴の音色のように繊細に消えていく中、ベチバーとアンバーグリスが反響板の役割を果たしながら、温かな余韻を与えてくれるのです。

まさに音楽と香りの関係性を感じさせる香水です。つまり、どちらも目に見えない芸術なのです。この香りは、そんな形がない音楽からインスピレーションを受けて作られた香りなのです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:コロラトゥーラ
原名:Coloratura
種類:エキストレ・ドゥ・パルファム
ブランド:メゾン・フランシス・クルジャン
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2012年
対象性別:ユニセックス
価格:70ml/210,000円


トップノート:マンダリン・オレンジ、シシリア産レモン
ミドルノート:スズラン、ホワイトリリー、ピオニー、ローズ
ラストノート:ベチバー、アンバーグリス

タイトルとURLをコピーしました