その他

エリーサーブ・ル・パルファム (フランシス・クルジャン)

    香水名:エリーサーブ・ル・パルファム Elie Saab Le Parfum オード・パルファム
    ブランド:エリーサーブ
    調香師:フランシス・クルジャン
    発表年:2011年
    対象性別:女性
    価格:90ml/17,388円







    トップノート:アフリカン・オレンジ・フラワー
    ミドルノート:ジャスミン
    ラストノート:パチョリ、ヴァージニア・シダー、ローズ、ホワイト・ハニー

    エリーサーブというブランドを象徴する華やかな女性像を体現した香りを創りました。そして、太陽が輝いているイメージも香りに反映させました。それはまるで黄金のようでもあり、あまりにも眩しすぎて真っ白でもあるのです。

    フランシス・クルジャン

    完全なる確信犯としての〝美女のための香水〟。日本での知名度は低いですが、アメリカ・ヨーロッパにおいては、芸能人のレッド・カーペットでの着用率の高いファッション・ブランド、エリーサーブ初のフレグランス。


    2002年、『チョコレート』で黒人女性として初めてアカデミー主演女優賞を獲得したハル・ベリーが、オスカー受賞時に着用して話題になったファッションブランド・エリーサーブ。

    キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ビヨンセ、シャーリーズ・セロン、ジュリア・ロバーツなどのハリウッドスターや中東の王室に愛されるドレスメーカーとしても有名です。

    そんなエリーサーブというブランドを象徴する香りをスター調香師フランシス・クルジャンが、279の試作品の果てに生み出しました。発売当時欧米圏を中心に爆発的なセールスを記録しました。優雅なドレスにフローラル・シャワーが降り注ぎ、絶世の美女が閃光に包まれ女神転生していく女神系シプレーフローラルの傑作です。

    オープニングはオレンジ・フラワーと2種類のジャスミン(ジャスミン・サンバックとソケイの花)の濃厚な甘さからはじまります。やがて、ハニーとローズによって香り全体が円やかになり、ラストに登場するパチョリとシダーによって閃光のような香りの拡散力と持続力を発揮します。

    グレース・ケリーのような女性は決して身に纏わないが、ヴィクシーエンジェルが身に纏っていそうな香り。

    手の込んだ刺繍と、立体的なドレープ感が特徴的なドレス・デザインをイメージさせるラグジュアリーなバロック調のボトル・デザインは、シルヴィ・ド・フランスによるものです。

    アンジャ・ルービック(1983-)がキャンペーン・モデルを務めた、ロサンゼルスのダウンタウンでマート・アラス&マーカス・ピゴットによって撮影されたキャンペーンフィルムも話題になりました。



    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP