アルベルト・モリヤス

アクアディジオプールオム (ジャック・キャヴァリエ、アルベルト・モリヤス)

香水名:アクアディジオプールオム Acqua Di Gio Pour Homme オード・トワレ
ブランド:ジョルジオ・アルマーニ
調香師:ジャック・キャヴァリエ、アルベルト・モリヤス
発表年:1996年
対象性別:男性
価格:30ml/4,320円、50ml/6,480円、100ml/9,612円
公式ホームページ:アルマーニ・ビューティー

ジョルジオアルマーニアクアディジオプールオムオードトワレ30mlEDT

価格:2,236円
(2019/7/13 11:47時点)
感想(11件)

モデル:ラリー・スコット、1996年。

モデル:ラリー・スコット、1998年。

acqua_di_gio_hombre03

Lars Burmeister×ピーター・リンドバーグ、2008年。

ジェイソン・ モーガン×マシュー・ブルックス、2015年。

025db5ba0707a5209f81ea8ec1b5a557
giorgio_armani_acqua_di_gio_2


acqua-di-gio02

★★★☆☆ シトラスローズマリー
このフレグランスづくりに参加した調香師は、最高のオールスターチーム。モリヤスやメナード、ブザンティアン、キャヴァリエも名を連ねるのだけれど、できあがった香りは今ひとつ。水っぽいシトラスとウッディの香調にクッキングハーブをちょっぴりと。気合いが空回りしたのかも。 ― タニア・サンチェス

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

トップノート:オレンジ、ライム、マンダリン・オレンジ、ジャスミン、ベルガモット、レモン、ネロリ
ミドルノート:パーシモン(柿)、シクラメン、ナツメグ、木犀草、コリアンダー、ヴァイオレット、フリージア、ピーチ、ヒヤシンス、ローズ、ジャスミン、ローズマリー、カロン
ラストノート:アンバー、シダー、パチュリ、オークモス、ホワイトムスク

「私の最も成功した香水は、アクアディジオプールオムとロードゥイッセイだろう」と、ジャック・キャヴァリエが自負するこの香水は、1990年代に彼自身が生み出したメロン系の香りをもたらす合成香料カロンを使用したマリンノートの代表作の一つです。(日本を含め)ミレニアムをまたぎ世界的に大流行したアルマーニのロングセラー。

「ジョルジオの水」。ジョルジオ・アルマーニが毎年一ヶ月間ヴァカンスを過ごすパンテッレリーア島。人口7500人の火山島であり、温泉はあるが河川はありません。年間を通してシロッコ(サハラ砂漠からの温風)が吹きます。そんな小島の地中海に燦燦と降り注ぐ太陽とシロッコの風、鉱水と海水をイメージして作り上げられた香水。

ここだけの話ですが、私が今まで創造した香りの中で、もっとも女性に対して「その気にさせる効果があった」香りは、アクアディジオです。

アルベルト・モリヤス

フィルメニッヒ社のジャック・キャヴァリエとアルベルト・モリヤスによって調香されました。

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP