ザ・ディファレント・カンパニー

スブリーム・バルキス (セリーヌ・エレナ)

香水データ

香水名:スブリーム・バルキス Sublime Balkiss オード・パルファム
ブランド:ザ・ディファレント・カンパニー
調香師:セリーヌ・エレナ
発表年:2008年
対象性別:女性
価格:50mL/16,500円、100mL/23,100円
販売サイト:伊勢丹オンライン

the-different-company-sublime-balkiss
トップノート:スミレの葉、ブラックカラント、ブルーベリー
ミドルノート:ダマスクローズ、すずらん、ライラック
ラストノート:パチョリ、ヒースの葉

【並行輸入品】 ザ・ディファレントカンパニー THE DIFFERENT COMPANY スブリームバルキス EDP 50ml [631882]

価格:13,220円
(2019/10/9 22:10時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

香水広告フォト&動画

the_different_company_sublime_balkiss_1352375941

香水についての解説

私がティーンエイジャーだったころ、私は1940年代の映画スターの女優達に夢中でした。それはミステリアスな香りを連想させる彼女達が着ているロングのシルクドレスに対して、真のエレガンスを見い出していたからです。同じ時に、アイルランドを旅しました。そして、雨、 風、鉱物、ヒースといった自然が放つ香りに、私の嗅覚が衝撃を受けました。

その時に感じた衝撃を再現することにしました。シプレが物語の主人公です。そして、再現しているうちに突然、シバの女王の本名である〝バルキス〟の名が私の中で響きました。最も美しく、賢く、ミステリアスな女性の象徴。この香りは、圧倒的な美を前にした恍惚感を表現した香りです。

セリーヌ・エレナ

セリーヌ・エレナジャン=クロード・エレナの娘)の6番目の香り。〝崇高なるバルキス〟は、ザ・ディファレント・カンパニーとしては10番目の香り。シバの女王の本名”バルキス”を冠した、美しく神秘的な香り(ただし、スパイシーなオリエンタルの香りではない)。彼女がはじめて手がけるシプレ系(シトラス系の香りにオークモスという苔、またはパチュリを加えた爽やかな調香。男性用香水には多く使用される香調)のフレグランス。女性用と言うよりも明らかにユニセックス。

最高品質と言われるエジプト産のスミレの葉の香料(ヴァイオレット)や、ブルガリア産のローズダマスカス、スコットランドの荒野に原生するヒースの葉などが使用されています。ベリーからはじまり、二種類のパチュリがベースノートとなっています。一つは伝統的なパチョリの精油なのですが、もう一つは、ココアに似た香りを導き出します。

ボトル・デザインは、伝説のプロダクト・デザイナー、ティエリー・ドゥ・バシュマコフが手がけています。バベルの塔のようなキャップの、着脱時に癖になる磁力の反応と、重厚感あふれるクリスタルガラスのアンサンブルがミニマルな美しさを漂わせています。

最新の投稿

更新カレンダー

2020年1月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。