究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ディオール】ディオール アディクト2(クリスチャン・ディオール)

クリスチャン・ディオール
@DIORBEAUTY
クリスチャン・ディオールティエリー ワッサーブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ディオール アディクト2

原名:Dior Addict2
種類:オード・トワレ
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:不明
発表年:2005年(現在は廃盤)
対象性別:女性
価格:20ml/4,500円、50ml/8,000円

スポンサーリンク

幻のディオール アディクトPARTⅡ

@DIORBEAUTY

@DIORBEAUTY

2005年夏に、「ディオール アディクト」シリーズの一つとして、クリスチャン・ディオールが20代の女性をターゲットに生み出した香りです。深みはないのです1が、日本では、実に使いやすい香りでした。

弾けんばかりのグレープフルーツから始まり、フローラルを経て、かなり控えめに官能的なサンダルウッドとホワイトムスクの香りがやってきます。フローラルフルーティーの香りの調香師は、不明なのですが、恐らくティエリー・ワッサーだと思われます。

そして、この香りは、2012年から「ディオール アディクト オー フレッシュ」に名称変更されました。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「ディオール アディクト2」を「ピンクレモネード」と呼び、「軽々しく、酸味のあるシトラスフローラルで、あまりに窓用クリーナーに似ている。「パルアムール トゥジュール」を代わりにお試しあれ。」と2つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ディオール アディクト2
原名:Dior Addict2
種類:オード・トワレ
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:不明
発表年:2005年(現在は廃盤)
対象性別:女性
価格:20ml/4,500円、50ml/8,000円


トップノート:オレンジ、フリージア、グレープフルーツ、ベルガモット
ミドルノート:パイナップル、ザクロ、スズラン、スイカ、ロータス
ラストノート:サンダルウッド、シダー、ホワイトムスク

タイトルとURLをコピーしました