究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

リリー(百合)の香り

アニック・グタール

【グタール】グランダムール(アニック・グタール/イザベル・ドワイヤン)

アニック・グタールが1996年に自分のために作ったフレグランスの名を「グランダムール」と申します。フランス語で〝真実の愛〟〝大いなる愛〟〝愛こそすべて〟を意味するこの香りは、アニック・グタールとイザベル・ドワイヤンにより調香されました。
セルジュ・ルタンス

【セルジュ ルタンス】ラヴィエルジュドゥフェール(鉄の百合)(クリストファー・シェルドレイク)

それにしてもこの香りを調香したクリストファー・シェルドレイクという男性は、恐ろしい人です。「鉄の処女」それは、拷問器具の香りではなく、「オルレアンの乙女」ジャンヌ・ダルクの香りだったのです。
セルジュ・ルタンス

【セルジュ ルタンス】アン リス(クリストファー・シェルドレイク)

パレ・ロワイヤル本店限定の香り「アン リス」は、フランス語で「一輪の百合」の意味です。百合の香りの再現のために、ローズ、ジャスミン、ライラック、スズラン、カサブランカが使用されています。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
フレデリック・マル

【フレデリック マル】リス メディテラネ(エドゥアール・フレシェ)

百合(リリー)香水の傑作のひとつと言われる「リス メディテラネ(=地中海の百合)」は、2000年にフレデリック・マルが創業したとき、9種類の香りのひとつとして発売されました。エドゥアール・フレシェにより調香されました。
ペンハリガン

【ペンハリガン】リリー&スパイス(マティルデ・ビジャウイ)

ペンハリガンから2006年に発売された「リリー&スパイス」は、100%まるごと百合(リリー)の香りです。マティルデ・ビジャウイにより調香されました。この百合には、謎めいた自然の美しさがあります。
ルラボ

【ル ラボ】ビガラード18 香港(フランク・フォルクル)

「シティ エクスクルーシブ コレクション」の中のひとつとして2019年に発売された香港限定の香りが「ビガラード18」です。ムスクとアンバーグリス(合成香料)を駆使し、香りの持続時間を良くした「眠らないオーデコロン」です。フランク・フォルクルにより調香されました。
ゲラン

【ゲラン】アクア アレゴリア リス ソレイヤ(ティエリー・ワッサー)

1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ。「リス ソレイヤ」はその第十三弾として2012年に発売されました。地球上に存在するリリー・フレグランスの集大成とも言われるこの香りは、ゲランの五代目専属調香師ティエリー・ワッサーによる調香です。
エルメス

【エルメス】ラグーナの庭(クリスティーヌ・ナジェル)

エルメスの『庭園のフレグランス』シリーズの6作目として、2016年にエルメスの専属調香師に就任したクリスティーヌ・ナジェルがはじめて手がけた「庭」が、「ラグーナの庭」でした。それは日本において2019年3月16日に発売されました。
カルティエ

【カルティエ】ベーゼ ヴォレ(マチルド・ローラン)

2011年に発売された「ベーゼ ヴォレ」は、2003年に発売された「ル・ベゼ・デュ・ドラゴン(龍の接吻=キス・オブ・ザ・ドラゴン)」と同じ流れを汲む香りとして、2005年からカルティエの専属調香師であるマチルド・ローランにより調香されました。
その他のブランド

【カール ラガーフェルド】ラガーフェルド ファム(クリスティーヌ・ナジェル)

〝ファッション界の帝王〟カール・ラガーフェルドが唯一成し遂げられなかった偉業。それは歴史に残るフレグランスを残すことでした。そんな彼が、2000年に自身のブランドから生み出した香りが「ラガーフェルド ファム」でした。フローラル・アルデヒドの香りは、クリスティーヌ・ナジェルにより調香されました。
ドルチェ&ガッバーナ

【ドルチェ&ガッバーナ】ザ ワン(クリスティーヌ・ナジェル)

ドルチェ&ガッバーナから2006年に発売された「ザ ワン」は、意中の男性とひとつになるための香りです。オリエンタルフローラルフルーティの香りは、クリスティーヌ・ナジェルにより調香されました。
トム・フォード

【トム フォード】シャンハイ リリー(アントワーヌ・メゾンデュー/シャマラ・メゾンデュー)

トム・フォードのプライベート ブレンド コレクションから2013年に発売された『アトリエ・ドリアンコレクション』の4種類のうちのひとつであり、最も人気のある香りが「シャンハイ リリー」です。アントワーヌ・メゾンデューとシャマラ・メゾンデューにより調香されました。
その他のブランド

【オスカー デ ラ レンタ】イントリュージョン(ジャック・キャヴァリエ/アルベルト・モリヤス)

クリストバル・バレンシアガのアシスタントとしてキャリアをスタートし、ランバン、エリザベス・アーデンを経て創業されたファッション・ブランド「オスカー・デ・ラ・レンタ」から2002年に発売された香りです。ジャック・キャヴァリエとアルベルト・モリヤスにより調香されました。
イッセイ・ミヤケ

【イッセイ ミヤケ】ル フードゥ イッセイ(ジャック・キャヴァリエ)

1998年にシャンタル・ルースは、前二作品を生み出し、イッセイ・ミヤケの香りと共に、香水業界に下剋上を果たしたジャック・キャヴァリエに、イッセイ・ミヤケの第三弾の香り「ル フードゥ イッセイ」を調香してもらいました。
カルバン・クライン

【カルバン クライン】トゥルース(ティエリー・ワッサー/アルベルト・モリヤス/ジャック・キャヴァリエ)

2000年にカルバン・クラインから発売された「トゥルース」は、当時、フィルメニッヒ社の若手調香師だったティエリー・ワッサーを、アルベルト・モリヤスとジャック・キャヴァリエの二人のベテラン調香師たちがサポートするというドリームチームにより生み出された香りでした。
ヴァン クリーフ&アーペル

【ヴァン クリーフ&アーペル】ミュールミュール(ジャック・キャヴァリエ/アルベルト・モリヤス)

ミュールミュールとは、フランス語で〝ささやき〟を意味します。ジャスミン・サンバックを主体にしたフレッシュ・フローラル系の香りはアルベルト・モリヤスとジャック・キャヴァリエという今では考えられないタッグによる調香です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク