究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ペンハリガン】リリー&スパイス(マティルデ・ビジャウイ)

ブランド
ブランド ペンハリガン マティルデ・ビジャウイ 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。

リリー&スパイス

原名:Lily & Spice
種類:オード・パルファム
ブランド:ペンハリガン
調香師:マティルデ・ビジャウイ
発表年:2006年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:50ml/13,000円

スポンサーリンク

100%まるごと百合の香り

100%まるごと百合の香りです。2006年にマティルデ・ビジャウイによって調香されました。残念ながら現在は廃盤です。

ほのかに青さを伴った大自然の百合の香りから始まり、そこにサフラン、クローブ、ペッパーといったスパイスが優しく百合の花の開花のお手伝いをします。派手な女性が肌に纏うと、上品さがプラスされ、地味な女性が肌に纏うと、色香がプラスされる〝香りのフシギさ〟を体現する香りです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「リリー&スパイス」を「リリー・サフラン」と呼び、「これまでのところ、小規模の会社によく見られるハイコンセプトでナンセンスという趣向もなく、平凡で品のいい合成の香水を作っている。だが、もう少し努力がほしい。ほとんどの製品が退屈かつ陳腐で、ターゲットを絞り過ぎているように思える。」

「しかし、リリー&スパイスはいい。とてもしっかりしたユリの単一花香に、ジボダン社製の個性的なサフランノートを配したのが、非常にファッショナブルだ。クレゾール風のスパイスの組み合わせが、まるでレザーのような一面を生み出していて、これは今までの百合の単一花香では経験がない。よくできている。少し地味ではあるが。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:リリー&スパイス
原名:Lily & Spice
種類:オード・パルファム
ブランド:ペンハリガン
調香師:マティルデ・ビジャウイ
発表年:2006年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:50ml/13,000円


トップノート:ホワイトリリー(百合)、サフラン
ミドルノート:クローブ、ペッパー
ラストノート:パチョリ、ムスク、バニラ、ベンゾイン

タイトルとURLをコピーしました