究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

チャンドラー・バール

ディプティック

【ディプティック香水聖典】完璧な香水と心を動かす香水の違い

1961年に3人の芸術家がパリのサンジェルマン通り34番地に〝小さなお店〟を創業した事から「ディプティック」の伝説ははじまります。当時、珍しかった香り付きのフレグランス・キャンドルを1963年に発売したことにより、ディプティックの「静かなる革命」がはじまったのでした。
2021.09.15
その他

【ディプティック】ロー デ ゼスペリード(オリヴィエ・ペシュー)

ディプティックが1968年に発売した最初のフレグランス「ロー」の40周年を記念して発売された3種類のコロンのうちのひとつが「ロー デ ゼスペリード」でした。三種類ともオリヴィエ・ペシューにより調香されました。
2021.09.04
その他

【ディプティック】ロードタロッコ(オリヴィエ・ペシュー)

最初のフレグランス「ロー」の40周年を記念して2008年に発売された「ロー ド ネロリ」をはじめとする3種類のコロンは全て、オリヴィエ・ペシューにより調香されました。そして、同じくペシューにより翌2009年にオーデコロン第四弾として発売されたのが「ロードタロッコ」でした。
2021.09.04
スポンサーリンク
その他

【ディプティック】ロートル(セルジュ・カルギーヌ)

ディプティック創業初期の1973年に発売された「ロートル」は、ディプティックが1968年にはじめて発売したフレグランス「ロー」の次の二作目の香りとして、セルジュ・カルギーヌにより調香されました。
2021.09.04
その他

【クリニーク】ケーレックス(ソフィア・グロスマン)

エスティローダーにかつて存在したプリスクリプティブというコスメブランドから、1986年に生み出された史上初のトロピカル・フルーツの香り。ソフィア・グロスマンによって調香された、恐らく地球上に存在する最高のフルーツの香りです。
2021.05.24
その他

【キリアン】エンジェルズ シェア(ブノア・ラプーザ)

キリアン・ヘネシーが、自身のルーツであるコニャックとジンを題材にしたコレクション「ザ リカーズ」。2020年10月16日に発売されたこのコレクションのうちのひとつ「エンジェルズ シェア」=〝天使の取り分〟は、ブノア・ラプーザにより調香されました。
2021.07.31
香りの美学

【香りで選ぶ香水特選 第二章】 ローズ編

ローズを愛する人々におすすめする35のフレグランス。美しい女性のように素晴らしい香りのローズには鋭い棘がたくさんあります。なぜ人々はローズに惹きつけられるのでしょうか?それは花と棘の間にある光と影に効し難い魅力を感じるからなのではないでしょうか?
2021.03.21
その他

【ル ラボ】ローズ 31(ダフネ・ブジェ)

グラースローズとは、センティフォリア・ローズと呼ばれる100枚の花びらを持つキャベツのようなローズです。2006年にル ラボより発売された「ローズ 31」は、このグラースローズを中心とした31のノートによって生み出された香りです。フィルメニッヒ社のダフネ・ブジェにより調香されました。
2021.09.12
ザ・ディファレント・カンパニー

【ザ ディファレント カンパニー】セル ド ベティベル(セリーヌ・エレナ)

燃え盛る木と洗い清めてくれる海水という相反するものを融合した香りとしてジャン=クロード・エレナの娘セリーヌ・エレナにより2006年に生み出された、ザ・ディファレント・カンパニーにおける二作目の香りが「セル ド ベティベル」です。
2021.03.21
ゲラン

【ゲラン】アプレロンデ(ジャック・ゲラン)

「アプレロンデ」とは、フランス語で「にわか雨の後で」という意味です。それは1906年にゲランの三代目調香師ジャック・ゲランにより調香された香りであり、彼の印象派絵画への愛を香水に昇華させた意欲作でした(この年、ポール・セザンヌは雨に打たれて死去した)。
2021.04.18
その他

【ゲラン】アクア アレゴリア ココナッツ フィズ(デルフィーヌ・ジェルコ)

1999年に誕生した『アクア・アレゴリア』シリーズ。「ココナッツ フィズ」はその第二十弾として2019年に発売された三作品のうちのひとつです。スパークリングするココナッツジュースの香りは、デルフィーヌ・ジェルコにより調香されました。
2021.08.15
その他

【セリーヌ】レプティール(エディ・スリマン)

2019年11月15日に、セリーヌはエディ・スリマン体制に入り、はじめてのフレグランス・コレクション「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」として9種類の新作フレグランスを発表しました。「レプティール」はそのうちのひとつです。
2021.03.21
その他

【セリーヌ】サン ジェルマン デ プレ(エディ・スリマン)

2019年11月15日に、セリーヌはエディ・スリマン体制に入り、はじめてのフレグランス・コレクション「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」として9種類の新作フレグランスを発表しました。「サン ジェルマン デ プレ」はそのうちのひとつです。
2021.05.24
その他

【セリーヌ】ナイトクラビング(エディ・スリマン)

2019年11月15日に、セリーヌはエディ・スリマン体制に入り、はじめてのフレグランス・コレクション「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」として9種類の新作フレグランスを発表しました。「ナイトクラビング」はそのうちのひとつです。
2021.03.21
各ブランド聖典

【ラルチザン香水聖典】1978年、フランス香水革命勃発

世界ではじめてのニッチ・フレグランス・ブランドとして、1976年にジャン・ラポルトにより創業される。ジャン=クロード・エレナの協力の下で、「ミュール エ ムスク」など7つの香りが、1978年に発売された。1990年代から2000年代にかけてオリヴィア・ジャコベッティとベルトラン・ドゥショフールの2トップ体制が築かれる。
2021.03.21
その他

【セリーヌ】セリーヌ オート パフューマリー コレクションの全て

「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」と名づけられた11種類のフレグランスから成るフレグランス・コレクション(最初は9種類の香り)が、2019年11月15日に発売されました。それはエディ・スリマン就任以来初のセリーヌのフレグランスです。
2021.03.21
エドモン・ルドニツカ

【ディオール】ディオレラ(エドモン・ルドニツカ)

1966年にエドモン・ルドニツカによって生み出されたヘディオンにより生み出された革命的コロン「オー ソバージュ」の女性版として同じくルドニツカにより調香されました(そして、ルドニツカ自身が、生涯で調香した中で最も好きな香りだと言及しています)。
2021.08.07
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】ジング!(オリヴィア・ジャコベッティ)

1999年に発売された当時は、「デジール・デ・シルク」=「サーカスへのあこがれ」という名でした。「Dzing!」とは「宙を舞うような」という意味です。ウッディー・レザーの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2021.03.21
エルメス

【エルメス】アンブル ナルギレ(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』。「ローズ イケバナ」、「ポワーブル サマルカンド」、「ベチバー トンカ」と共に同年に第一弾として発売されました。初代専属調香師ジャン=クロード・エレナにより調香されました。
2020.12.17
ジャン=クロード・エレナ

【フレデリック マル】ビガラード コンサントレ(ジャン=クロード・エレナ)

元々は、「コロン ビガラード」の持続性のなさをカバーするために生み出された香り。「ビガラード」とは「ビターオレンジ」のことであり、このフレグランスについて、「ビターオレンジ(の皮)一番搾り」と表現すると分かりやすいでしょう。ジャン=クロード・エレナによる調香です。
2021.06.14
タイトルとURLをコピーしました