究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】シャマード(ジャン=ポール・ゲラン)

ゲラン
ゲラン ジャン・ポール・ゲラン ブランド 各ブランド聖典 香りの美学
この記事は約6分で読めます。

シャマード

原名:Chamade
種類:パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ジャン=ポール・ゲラン
発表年:1969年
対象性別:女性
価格:30ml/40,000円
公式ホームページ:ゲラン

スポンサーリンク

四代目ゲラン調香師としての処女作

1980年

1971年

彼女(リュシール)は自分自身に偽るよりも恋人(アントワーヌ)に嘘をつくほうが良かった。

『熱い恋』フランソワーズ・サガン

1962年に四代目ゲラン調香師として20代半ばにして「シャンダローム」を発表したジャン=ポール・ゲラン(1937-)が早速次作のアイデアを膨らませている翌年1963年に、ジャック・ゲラン(1874-1963)が死去しました。

祖父ジャックへの哀悼の気持ちと、四代目としての新たなる決意を込めて題材を探していた中、フランソワーズ・サガンが、1965年に発表した『熱い恋』にジャン=ポールは心が奪われました。

『熱い恋』の原題は、「ラ・シャマード」。そして、1968年にこの小説は、カトリーヌ・ドヌーヴ主演により映画化されました(日本では『別離』という名で公開された)。

このサガンの小説からイメージを膨らませ、1969年に生み出されたのがこの「シャマード」なのです。7年の月日を費やしたこの作品のために、ジャン=ポールは、1300以上の試作を重ねたのでした。

史上初めてブラックカラントが使われた香り

1989年

1971年

彼女は眼をあけた。風が突然、決意したように、寝室にはいってきたのだった。

風はカーテンを帆に変え、大きな花瓶の花を床の方へかしげさせ、いま彼女の眠りに襲いかかっていた。

それは、春の、最初の風であった。林や、森や、土のにおいがした。

パリ郊外や、ガソリンで充満した街路を気ままに吹きぬけて、風は、かろやかに、誇らしげに、暁のなかを彼女の寝室にやってきた。

彼女が目をさます前に、生きる喜びを彼女に知らせるためだった。

『熱い恋』フランソワーズ・サガン

シャマードとは、ナポレオン時代において、軍隊の退却を示す太鼓を叩く音(=降伏の合図)という意味です。それは、新たなる愛を確信し、高まる心臓の鼓動の意味でもあります。

つまり「シャマード」とは、その愛に降伏した瞬間に一変する世界を表した香りなのです。

フレグランス史上はじめてブラックカラント(カシス)が使用された香りです(ヒヤシンスがブラックカラントに恋に落ち、完全降伏する香りとも言えます)。

炸裂するガルバナムの香りに爽やかなヒヤシンスが絡み合うグリーンノートからはじまります。彼女の名は、リュシール、30歳。金持ちで豊かな教養を持つ50歳のシャルルの愛人として悠々自適に暮らす女性です。

そんな彼女が、甘酸っぱいブラック・カラントとも言えるアントワーヌと出会うのでした。同じく30歳の彼は、42歳のブルジョワ・マダムのツバメです。

さぁ、二人の間に、アルデハイドとヘディオンにより、多彩な陰影を織りなすジャスミン、ローズ、スズラン、ライラック、イランイランの香りがパウダリーさを伴いながらふんわりと降り注ぎます。そして、降伏の銅鑼の音(=ゲルリナーデ)が二人の間に響き渡るのでした!

かくして、グリーンとフルーツがフローラルに包まれながら結びつき、この愛の瞬間を、バニラとサンダルウッドによって、より甘美なものに変えていくのでした。

スポンサーリンク

タマネギの涙よ、と誤魔化す。女のやせ我慢の美学の香り

1974年

1982年

レイモン・ゲランの遺作である、ハートを逆さにした(モチーフはボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」の貝殻である)ボトルデザインと、恋のキューピッドの矢を模したキャップが、「愛の降伏」をイメージしておりとても素晴らしいです。

更に言うと、このボトルデザインが連想させる半分に切断したタマネギのイメージは、失われた熱い恋の後で流す涙を、たまねぎを切ったから流した涙よと、誤魔化し、やせ我慢する「女の美学」を体現したものでもあるのです。

愛しすぎは、愛していないのと同じこと

フランソワーズ・サガン

1956年のアカデミー賞にて、オードリー・ヘプバーンとグレース・ケリーの唯一のツーショット。そして、この年、グレース・ケリーはモナコ王妃になりました。

この香りが、発売されてすぐにオードリー・ヘプバーングレース・ケリーが愛用するようになりました。そして、カトリーヌ・ドヌーヴもこの香りを溺愛するようになったのでした。

ずっとゲランのシャマードだけを愛していた私が、フレデリック・マルに出会い、不貞を犯すようになりました。

カトリーヌ・ドヌーヴ(彼女はマルの著書の序文さえも書いているほどの友人)

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「シャマード」を「パウダリーフローラル」と呼び、「コンコルドがそう評されたように、これも宙に浮かぶ斬新な形だった。」

「重たい幕の後ろで小道具を動かす間、観客を延々と待たせるようなタイプの香水としては、シャマードはおそらく最後のものだろう。ようやくたどりつくドライダウンは、それはすばらしいもので、不思議に潤いのある粉っぽい黄水仙のアコードをもち、指先で花粉をこすり合わせたときの脂っぽい感じがする。」

「現代のシャマードも変わらずすばらしい芳香だが、ドライダウンまでの到達がぐっと早くなり、「ジッキー」でも見られるように微かにフラットになっていて、バニラ調を背景に、よりミルキーで落ち着いたものが感じられる。ともかく、これは傑作。」と5つ星(5段階評価)の評価をつけています。

香水データ

香水名:シャマード
原名:Chamade
種類:パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ジャン=ポール・ゲラン
発表年:1969年
対象性別:女性
価格:30ml/40,000円
公式ホームページ:ゲラン


トップノート:アルデハイド、ヒヤシンス、ベルガモット、ガルバナム
ミドルノート:ライラック、ジャスミン、ジャスミン、クローブ、スズラン、ターキッシュローズ、イランイラン
ラストノート:トルーバルサム、ペルーバルサム、サンダルウッド、アンバー、ベンゾイン、バニラ、ベチバー

タイトルとURLをコピーしました