究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【セリーヌ】ナイトクラビング(エディ・スリマン)

その他
その他その他ブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ナイトクラビング

原名:Nightclubbing
種類:オード・パルファム
ブランド:セリーヌ
調香師:不明
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/27,500円、200ml/40,700円
公式ホームページ:セリーヌ

スポンサーリンク

80年代前半のナイトクラブの香り



2019年11月15日に、セリーヌはエディ・スリマン体制に入り、はじめてのフレグランス・コレクション「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」として9種類の新作フレグランスを発表しました。

そのうちのひとつである「ナイトクラビング」は、1978年から1980年代にかけてパリのナイトライフのメッカだったナイトクラブ〝レ バン ドーシュ〟に、エディ・スリマンが15歳の頃から毎晩ナイトクラビングしていた想い出を香りにしています。

パチョリとバニラのブレンドに、ほのかにニコチンのようなアクセントを持つガルバナムが香り立つスモーキーな香りは、まるで心地よく酔った気分にしてくれます。

そして、オリス・バターとムスクが、香り全体を退廃的なパウダリー=80年代のノスタルジーへと導いてくれます。最後にそこに加わるバニラがこの香りを現代的な官能性で包み込んでくれます。

それはまるで、朝を迎え、クラブから吐き出されたエディ少年が友人たちとパリの通りをさすらうような風景を連想させるのです。

この香りについてチャンドラー・バールは、「午後4時にナイトクラブのドアがオープンし、ブースのシートのレザーとメタルの香りがほんのりと漂ってくるような」「LAの人気クラブSoundでの暑い夕暮れ向きの香りではない」と表現しています。

エディ・スリマンの美学を感じさせるブラック・ラッカーキャップと、17世紀風の装飾が施されたアールデコ調のガラスボトルは、この香りに100%マッチしています。

香水データ

香水名:ナイトクラビング
原名:Nightclubbing
種類:オード・パルファム
ブランド:セリーヌ
調香師:不明
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/27,500円、200ml/40,700円
公式ホームページ:セリーヌ


シングルノート:ガルバナム、オリス・バター、パチョリ、スパニッシュ・モス、バニラ、ムスク

タイトルとURLをコピーしました