究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】ミュゲ 2022(ティエリー・ワッサー)

ゲラン
©GUERLAIN
ゲランティエリー ワッサーブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ミュゲ 2022

原名:Muguet Millésime 2022
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2022年
対象性別:女性
価格:145ml/92,400円
公式ホームページ:ゲラン

スポンサーリンク

香りとジュエリーがひとつになってあなたの胸に飛び込む

©GUERLAIN

©GUERLAIN

ゲラン初のスズランの香りとして「ミュゲ」は、1908年にジャック・ゲランにより調香され、190本のみ限定販売されました。そして、1998年に、ジャン=ポール・ゲランにより「ミュゲ」は復刻され、2006年以降は、毎年5月1日にあわせて限定発売されるようになりました。

2022年の「ミュゲ」は、ゲランの五代目専属調香師ティエリー・ワッサーにより調香されました。

基本的に、2016年以降「ミュゲ」は、微調整だけ施されていると言われています。グリーンノートとジャスミンサンバック・アブソリュート、ローズエッセンス、ローズ・アブソリュートが生み出す〝幸せのスズラン〟の香りです。

ベルガモットが弾ける中、フレッシュなグリーンノートが広がってゆきます。そんな中から、スズランが開花してゆくようにしてこの香りははじまります。

そして、スズランの開花を祝福するように、ピンクと白い花びらで包み込んでいくようにローズとジャスミンがのびやかに、まどろむように溶け込んでゆくのです。

スポンサーリンク

2009年の「ミュゲ」ボトルを手がけたアーティスト

©GUERLAIN

2009年版 ©GUERLAIN

今回のボトルデザインは、フランスのジュエラー、フランチェスコ・トゥルスチェッリ(2009年の「ミュゲ」も手がけた)を迎え、スズランのジュエリーを纏った、アートピースのようです。

小さな釣り鐘型の花はクリスタルで表現し、葉はエナメル加工を2度施すことで、ふっくらとした立体感を演出しています。小枝と花の部分には、古代より貴金属の加工に使われてきた技術・ロストワックス鋳造を採用しています。

仕上げは、ダイヤモンドのように輝くジルコニアクリスタルを職人たちの手作業により、130個もデコレーション。2022年は5000本限定で販売されました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ミュゲ 2022
原名:Muguet Millésime 2022
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2022年
対象性別:女性
価格:145ml/92,400円
公式ホームページ:ゲラン


トップノート:グリーンノート
ミドルノート:スズラン
ラストノート:ローズ、ジャスミン

タイトルとURLをコピーしました