究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ペンハリガン】エクストラクト オブ ライム(マイク・パロット)

その他
その他 ブランド ペンハリガン 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。

エクストラクト オブ ライム

原名:Extract of Limes
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:マイク・パロット
発表年:1963年
対象性別:ユニセックス
価格:未発売

スポンサーリンク

ライムとレモンのシトラスシャワー


「エクストラクト オブ ライム(ライムのエキス)」という香りには、ラストノートが存在しません。そして、その名の通り、シトラスシャワーの香りです。

それは元々は、1870年に発売されていたものを1963年に再調香し、さらに2002年に廃盤になっていたのですが、2009年にマイク・パロットにより再々調香されヘリテージコレクション「アンソロジー」として蘇ったのでした。

その名が、正確には「ライムズ」と複数形となっているように、大航海時代から英国海軍が壊血病(ビタミンC欠乏症)予防として服用していたライムジュースからインスパイアされた香りです。

そのライムジュースには、西インドライム以外にレモンも含まれているのですが、香りのほうも、ライムの香りに、ライムには本来存在しないレモンの香りの要素を継ぎ足した〝究極のライム〟の体裁となっています。

それはまるで〝粉々に砕いたライム・シャーベットとブロッサムハニー〟のように苦みばしったライムの酸っぱさに、レモンの皮の酸っぱさとその果汁の甘酸っぱいジューシーさが見事にブレンドされています。

 

香水データ

香水名:エクストラクト オブ ライム
原名:Extract of Limes
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:マイク・パロット
発表年:1963年
対象性別:ユニセックス
価格:未発売


トップノート:ライム、プチグレン、レモン
ミドルノート:ネロリ

タイトルとURLをコピーしました