マリリン・モンロー

マリリン・モンロー2 『ナイアガラ』2(3ページ)

    作品名:ナイアガラ Niagara (1953)
    監督:ヘンリー・ハサウェイ
    衣装:ドロシー・ジーキンス
    出演者:マリリン・モンロー/ジーン・ピーターズ/ジョゼフ・コットン



    マリリン・モンローのヘアースタイル

    123165d32aad85d38956ce81c10cc8ed

    モンローウォークの後ろ姿美女といい、マリリン・モンローこそ、日本的な美の様式美の体現者なのでした。

    彼女の肉体は、写真に撮っても肉体そのものだった。手を伸ばせば触れられそうだった。

    ビリー・ワイルダー

    マリリン・モンローにロングヘアーのイメージはない。世界中の女優やファッションモデルの間においても、ダントツの憧れの存在である彼女。その理由は、老いを見せないというスターの永遠の願望を叶えたことと、プラチナブロンドのボブを、カールしたあのハリウッド・カールによってなのです。

    律儀とも言えるほどに、このヘアースタイルを最後まで貫き通した彼女には、ハリウッドスターの地位に立ってからは、ほとんどストレートの写真は存在しません。そのストイックなまでのセルフ・プロデュース能力の高さ。マリリン・モンローに対して憧れを持つ女性は、世の中に多いのですが、それを実践しようとして時、彼女がただのセックス・シンボルではなかったということを痛感させられます。それはモンロー・ウォークにしてもそうなのですが、おそらく口元のほくろにしても、マリリンという人は、自分を神格化させていくことに人生を賭けた女優だったのです。

    Marilyn-Monroe-Niagara-marilyn-monroe-30622362-1585-1998

    『赤と黒』スタンダール。夫の殺害を画策した日に着ていた服。

    マリリン・モンロー・ルック4 赤と黒スタイル
    • ヴァイオレットレッドのクラップドコート。ハーフ
    • ホワイトのシルクラップ・ブラウス。ラウンドラペル。一つボタン
    • ブラックペンシルスカート。膝下丈
    • 黒のクロスストラップサンダル




    セクシーさと子供っぽさの奇妙な同居

    0483c0239d16ca329a65e207960c3265

    セットでリラックスした雰囲気のマリリン・モンロー。

    f280d29d5d64c67cadff5636a81896d1

    フライドチキンにパクつくマリリン。この子供っぽさが危険!

    jkg

    「あ~足が痛いわ~」なんて、靴を脱いでしまうと、男たちはなぜか不自然なポジショニングを取り始めるのです。

    marilyn-monroe-32

    あくびするマリリン。もう言葉もありません。

    私はみんなのもの、世界のものなの。才能があるからじゃないわ。きれいだからでもない。それまでほかのだれのものにもなっていなかったからよ。私はお金ほしさに映画の世界に入ったわけじゃない。有名になればみんなが好いてくれる、愛情に囲まれて暮らせるようになると思ったの。

    マリリン・モンロー

    官能的なマリリン・モンローも魅力的ですが、オフ・ショットのマリリンの子供っぽい姿に、より彼女の魅力を感じます。すごく孤独な子供時代を過ごして来た者だけが持つ、野生の眼。「あしたのジョー」の生き方を現実に置き換えたならば、それは間違いなくマリリン・モンローでしょう。

    彼女が生きるために、女の武器を使う術を知ったのはいつからだったのだろうか?それは共演者の耳にも届いていたはずだろう。彼女を蔑む共演者もいたことだろう。ボロボロになっても、「よつんばいの人生をずいぶん過ごしたわ」と言っても、そう誰から蔑まれようとも、彼女は、自分の信じる道を進み、その果てにつかんだものは何だったんでしょうか?

    マリリンは1962年8月5日に死にました。でもとうの昔に心は壊れていました。精神病により生涯、精神病院に隔離された実母の、その母親も同じ精神病院で亡くなっていました。マリリンは常にその血統を恐れていました。そして、彼女の心の中にも明らかに狂気が巣食っていました。男性よりも女性がマリリン・モンローに惹きつけられるといいます。もしかしたら、私たちの女性にしか分からない狂気が刺激されるのでしょうか?

    marilync3

    このハンドバッグが、スケルトンボックスになっていてカワイイのです。

    マリリン・モンロー・ルック5 喪服スタイル
    • 黒のウールのスカートスーツ。ウエストに絞り
    • ベレー帽
    • 白シルクラップブラウス
    • 黒のクロスストラップサンダル
    • ライムグリーンスカーフ




    ページ:

    1

    2 3

    関連記事

    1. ナオミ・ハリス/ベレニス・マーロウ 『007 スカイフォール』3…
    2. エレン・バーキン 『オーシャンズ13』6(2ページ)
    3. オードリー・ヘプバーンのすべて【1953】前編(3ページ)
    4. オードリー・ヘプバーン47 『戦争と平和』5(2ページ)
    5. マレーネ・ディートリッヒ3 『上海特急』1(2ページ)
    6. オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】中編(2ページ)
    7. モード・アダムス1 『007 黄金銃を持つ男』6(3ページ)
    8. ジャンヌ・モロー2 『エヴァの匂い』2(3ページ)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP