エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【セルジュ ルタンス】ロルフェリン(灰の乙女)(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイク セルジュ・ルタンス ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

彼女はオトコだった。だから、とても美しいんだ。

L'Orpheline parfum Serge Lutens

2018年3月21日に「ブラック&ベージュ コレクション」が「コレクションノワール」に変更され、2014年に生み出された「ロルフェリン」も、このコレクションに組み込まれました。

「ロルフェリン」とは、フランス語で「孤児」を意味します。ちなみにこの香りには、「灰の乙女」という邦題がついています。

インセンスとアルデハイド&カシュメラン連合軍により包み込まれ、押し出されるように現れるラベンダーによりはじまるメタリックなこの香りは、すぐにやって来るパチョリによってひんやりとした静謐さ(もしくは厳かさ)で肌の中に浸透していきます。

ちなみにここでルタンス自身のこの香りに対する説明について言及すると、どうやら自分の中に潜む女性と、それを求める心を投影した香りでもあるらしい。

ルタンス自身、70年代から80年代にかけて一世風靡したメイクアップアーティストでしたので、ドラァグクイーンの魅力を知り尽くしていたのでしょう。この香りの真の意味は、あまり声高に言及すべきではないのですが、子供を生めず、子孫を残すことの出来ない女=ドラァグクイーンもしくはトランスセクシャルの香りなのです。

突出して美しいが、ある肉体のパーツが、女性よりも大きく出来ており、それがコンプレックスでもあり、最大の魅力になるそんあ〝選ばれし美の創造者〟たちのための挽歌=香りなのです。

真に優れしものは、香りに関しても、その緩急の使い分けが素晴らしいということの生きる証明が、まさに彼女達の存在なのです(ただし、ここには、セックスを売りにするトランスジェンダーは含まない)。

彼女達はどれほど美しく、女性のように見えようとも、絶えず灰色のヴェールを身に纏い生きているのだ!それがこの香りの魅力の全てです。だからこそ、クールな女性が身に纏うと、その瞬間だけ宝塚の男役のようなオーラ(ヴェール)に自分を包み込むことが出来る香りなのです。

この男性的な香料でのみ生み出された女性の香り(あえてユニセックスではなく女性の香りだと言及したい)は、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ロルフェリン(灰の乙女)
原名:L’orpheline
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2014年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/14,300円、100ml/22,000円


シングルノート:インセンス、ムスク、パチョリ

セルジュルタンス ロルフェリン
created by Rinker

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました