エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【セルジュ ルタンス】アンサンエラバンド(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイク セルジュ・ルタンス 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ラベンダー畑を祭壇への回廊に見立てた香り


この香りは、どうやら神への祝福の香りらしい。そして、何事に関しても、神というものが商売に絡んでくると、とても平凡なものにさえも付加価値があると強制されるような胡散臭さが付きまとってきます。

この香りには、そんな空気が存在するのです。お金を出してまで神の香りを購入したくないが、タダなら、聖堂の一角に座り、神の香りを堪能したいと感じる心。それは、私がメキシコ・シティのソカロにある大聖堂で感じた香りだ(広場に沿って、『007 スペクター』に登場したグランホテル・シウダッドデメヒコがある)。

はじまりは、ローズマリーとジュニパーベリーに支えられた強烈なラベンダーです。この極めてキツめのメンズライクな香りが、すぐに聖歌の合唱のようなクラリセージを伴うカトリック風味のスモーキーなお香の香りによって、厳かな香りへと急転換するのです。

さぁ、神の力を香りによって感じるのだ!グルを信じよ!そのためにはお布施をするのだ!さすればあなたは天国へと導かれん。セルジュ・ルタンス真理教の香りなのです。

「お香とラベンダー」という名の香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「アンサンエラバンド」を「樹脂調ラベンダー」と呼び、「5歳になる私の娘が、ソファにボトルごとぶちまけてしまったのだ。おかげで私は1年中この残香を嗅いでなければならなかったが、結構気に入ってしまった。」「本物の男性用香水よりルームスプレーに適している。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:アンサンエラバンド
原名:Encens et Lavande
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:1996年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/14,300円、100ml/22,000円


シングルノート:ラベンダー、ローズマリー、ジュニパーベリー、クラリセージ、インセンス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました