グレース・ケリー

グレース・ケリー9 『モガンボ』5(2ページ)

    作品名:モガンボ Mogambo(1953)
    監督:ジョン・フォード
    衣装:ヘレン・ローズ
    出演者:クラーク・ゲーブル/エヴァ・ガードナー/グレース・ケリー



    実に美しい東洋風ナイトガウン。


    グレース・ケリー・ルック6 ナイトガウン
    • グリーン・シルクのナイトガウン、ラペルに白のパイピング、黒の木の枝に白い花の妖精柄




    対照的な二人の女性のサファリ・ルック

    ファッションを学ぶとき、対照的な二人の女性を、1つの場所において、その違いを比較するととても分かり易いものです。

    サファリにおいても、どこか格式ばったファッションのグレース。

    エルメスが世界一似合う女。

    同じサファリ・ルックでも、エヴァはよりカジュアルでこなれたセンスです。

    袖をまくる、まくらないでも、その人の性格が表れるものです。

    どこか可愛らしさも感じさせるピスヘルメット。

    グレース・ケリー・ルック7 サファリ・ルック
    • ペールピンクのシルクブラウス
    • 黒のトラウザー。ルーズシルエット
    • 黒のサファリブーツ
    • からし色のカーディガン、
    • ピスヘルメット
    • 黒のリングベルト
    • エルメスのスカーフ

    サファリ・ファッションの原点がつまっている作品ですが、グレース・ケリーの作品としての知名度は、極めて低い作品です。

    しかし、グレース・ケリーとエヴァ・ガードナーのキャラクターの違いが、明確にファッションに反映されている点に注目すれば、実に興味深い作品なのです。ショーダンサーと英国の上流婦人という階級とライフスタイルの違いが、ファッションだけでなく、小物を扱う所作と、恋愛に対する向き合い方にもはっきりと反映されています。そして、その結果として、グレース・ケリーは、まさに上流婦人が、庭師や使用人に対して、熱しやすく冷めやすい暇つぶしのアバンチュールに目覚めるように、クラーク・ゲーブルというサファリ・ハンターに対して、熱し、そして、冷めていくのでした。恐らくこの上流婦人は、こういったアバンチュールを繰り返していくことでしょう。



    ウィリス&ガイガーのサファリ・ジャケット

    このサファリ・ジャケットは、男女共に実に魅力的です。

    ササファリ・ジャケットにロングスカートのコーデが新しい!

    ポイントは、ウエストの絞りです。

    イヴ・サンローランが影響を受けたファッションです。

    グレース・ケリー・ルック8 サファリ・ジャケット
    • カーキのサファリ・ジャケット、ウィリス&ガイガー
    • ロング・スカート

    グレース・ケリーとクラーク・ゲーブルのサファリ・ジャケットは、ウィリス&ガイガーの340コットンポプリンを使用したものでした。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. エリザベス・テイラー8 『バターフィールド8』3(3ページ)
    2. オードリー・ヘプバーン30 『昼下りの情事』2(2ページ)
    3. マリリン・モンロー7 『紳士は金髪がお好き』1 (3ページ)
    4. ジェニファー・ローレンス5 『ハンガー・ゲーム2』3(2ページ)…
    5. ミア・ファロー8 『華麗なるギャツビー』2(2ページ)
    6. オードリー・ヘプバーン18 『パリの恋人』1(4ページ)
    7. エヴァ・ガードナー3 『モガンボ』3(2ページ)
    8. ロイス・チャイルズ1 『華麗なるギャツビー』8(3ページ)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP