究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【昼顔】カトリーヌ・ドヌーヴとイヴ・サンローラン

イヴ・サンローラン
イヴ・サンローラン カトリーヌ・ドヌーヴ ファッション・ブランド 女を磨くアイコン 映画女優
この記事は約4分で読めます。

【昼顔】

Belle de jour ジョゼフ・ケッセルが1927年に発表した小説『昼顔』を原作に、『アンダルシアの犬』のルイス・ブニュエルが、何不自由ない生活を送る主婦の昼間の売春を題材にした大問題作。美しい若妻のセヴリーヌをカトリーヌ・ドヌーヴ(1943-)が体当たりで演じ、女優としての確固たる地位を確立する。

第28回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞し、ブニュエルの生涯において最もヒットした作品となる。イヴ・サンローランがドヌーヴの全ての衣裳のデザインを担当した。サファリルック、ミリタリールック、白襟のリトルブラックドレスといった後世のファッションシーンに大いなる影響を与え続けることになるファッション・ムービーの金字塔。


清楚な気品を秘めた美しいセヴリーヌは、ハンサムな若き有能な外科医の妻として、夫を深く愛しています。しかし、8歳のときに、家に出入りしていた鉛管工に性的ないたずらをされたトラウマからセックスに拒否反応を示していました。

そして、最近、彼女はよく同じ夢を見るようになりました。その夢のはじまりはいつも軽やかなリズムを刻む馬車の鈴の音と共に襲ってくるのでした。二人の駆者に森の中に引きずりこまれ代わる代わる犯されるこんな恐ろしい妄想に悩まされるセヴリーヌ。

夫を心の底から愛し、性的な欲求に対して心底嫌悪している自分の中で芽生えつつある抑えられない欲求。そして、彼女は、パリの市内にある〝秘密クラブ〟の存在を知り激しく動揺してしまうのでした。

白いテニスウェアを着て、健康的にテニスに講じる昼下がりに、嫌悪すべき中年のプレイボーイ・ユッソン(ミシェル・ピッコリ)から、悪魔の囁きのようにふと呟かれたその売春宿の住所が彼女の頭の中から離れなくなりました。そして、ついに、彼女は昼下がりに黒いコートとサングラスで身を包み、その売春宿のドアをノックするのでした。

かくして、「昼顔」という名の売春婦として、売春宿に通い、昼下がりの数時間だけ、その美しい肉体に潜む情欲の花びらを開き、獣のような男たちに荒々しく抱かれることに喜びを見出すのでした。しかし、そんな背徳に満ちた二重生活にも破局が訪れようとしているのでした。

BELLE DE JOUR – Official Trailer – Directed by Luis Buñuel & newly restored

1967年に公開され、主婦売春というセンセーショナルな題材により世界中に衝撃をもたらした『昼顔』が、ファッション・シーンに与えた影響は、〝イヴ・サンローラン〟の一言につきます。

そして、この作品の影響は、有無を言わせぬほど明確なまでに、王者の風格があったイヴ・サンローランという天才が、カトリーヌ・ドヌーヴという女優を通じて宣言した革命の狼煙だったのです。

  1. 「サファリ」「ミリタリー」「LBD」イヴの革命

カトリーヌ・ドヌーヴの皮膚のように呼吸しているイヴ・サンローランの全てのファッションを深く理解せずして今のサンローランを語ることは許されない。

作品データ

作品名:昼顔 Belle de jour (1967)
監督:ルイス・ブニュエル
衣装:イヴ・サンローラン
出演者:カトリーヌ・ドヌーヴ/ミシェル・ピコリ

タイトルとURLをコピーしました