究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【エルメス】オー ドゥ エルメス(エドモン・ルドニツカ)

エルメス
©Hermès
エルメス
この記事は約6分で読めます。
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

オー ドゥ エルメス

原名:Eau d’Hermes
種類:オード・パルファム
ブランド:エルメス
調香師:エドモン・ルドニツカ
発表年:1951年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/16,390円
公式ホームページ:エルメス

エルメス HERMES オー ドゥ エルメス オードトワレ ナチュラルスプレー 1.5ml アトマイザー お試し 香水 ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:700円
(2023/5/22 14:17時点)
感想(1件)

スポンサーリンク

エルメスの最初の香り

©Hermès

ずっとずっと忘れていた、祖母のハンドバッグを開けるたびに漂っていた粉っぽく甘い香りの記憶が、エルメスに入社したときによみがえりました。伝説の香水「オー ドゥ エルメス」を嗅いだ時の事です。そして、この香りが、女性のハンドバッグの香りからひらめきを得たと知って驚きました。

クリスティーヌ・ナジェル

ティエリー・エルメスにより、1837年に創業されたエルメスが、最初の香水「」を創造したのは、1943年のことでした。さらに翌年1944年に「オー ドゥ ヴィクトリア(Eau de Victoria)」が、パリの本店でVIPのお客様に対して限定販売されました。

そして、1950年に、ジャン=ルネ・ゲランによりエルメスに香水部門が設立され、1951年に亡くなった三代目エミール・エルメス(1871-1951)に捧げる香りとして、四代目のロベール・デュマの指揮の下、エドモン・ルドニツカに調香が依頼され、最初のフレグランス「オー ドゥ エルメス」が誕生したのでした(一説によるとエルメスの最初のシルク・ネクタイが販売された1949年に発売されたとも言われています)。

ルドニツカが、修理に出されたエルメスの古いハンドバッグの底にあったリネンのハンカチーフの香りからインスパイアされ生み出されたというこの香りの根底には、熟した人間の肌の香りがあります。

スポンサーリンク

グレース・ケリーも愛用していた香り

グレース・ケリーとケリー・バッグ。

なによりもこの香りが〝不滅のエルメスの香り〟である理由は、グレース・ケリーに愛されるようになり、エルメスが伝説になっていく1950年代に誕生しているところにあります。そして、発売当時彼女にもこの香りはプレゼントされており、ケリーバッグを持つ時に愛用していた香りのひとつでした。

スポンサーリンク

まるで愛されている肌のような香り

©Hermès

そんな〝エルメスの水〟は、吹きかけた瞬間、エルメスのレザーに包まれる短い夢を見ているようにしてはじまります。レモンとベルガモットが、プチグレンとラベンダー、セージにより、ひときわ明るく美しくきらめくようにはじまるのです。

すぐにエルメスのハンドバッグを開けたような上品なレザー(バーチとラブダナム)の香りが広がってゆきます。カルダモンとクミン、コリアンダー、ゼラニウム、クローブが、得も言えぬ、フレッシュなスパイシーさと蜂蜜、タバコのアクセントを加えてゆきます。

やがて、長年愛してきたバッグが、持ち主の第二の肌の香りとなるように、甘やかにインドールの効いたジャスミンと共に、温かいサンダルウッドとバニラ、モス、シダー、トンカビーンのオリエンタルの余韻が広がってゆきます。

そして、スパイシーなレザーの中に眠るアニマル=シベットを呼び覚まし、フゼアとシプレの境界線を旋回しながら、肌の中に戻っていくように塩辛く消えてゆくのです。それはまるで愛されている肌のような香りとなります。

ゲランの「ジッキー」とよく比較される香りであり、ジャン=クロード・エレナはこの香りを賞賛しており、その影響の下、カルティエで「デクラレーション」を生み出したのでした。

スポンサーリンク

意外に知られていないエルメスの〝最も偉大な香り〟

「天皇陛下御即位記念香水瓶」

1987年、創業150周年を記念して、大々的に世界各国のエルメスのブティックで発売され、香水を身に纏わないルドニツカ自身も唯一愛用していた香りと言われています。

1990年11月には「天皇陛下御即位記念香水瓶」として世界で400個限定のクリスタルボトルが5000ドルで発売されました。つまり、この香りこそがエルメスを体現する香りとして選ばれたのでした(1951年から80年代にかけてこの香りがアジアのエルメスで発売されることはなかった)。

1993年から2001年にかけてフレグランス愛好家に向けてクリスタルボトルの限定品(さまざまなカラーのレザーリボンつき)が発売されるようになりました。僅か500本(120ml)限定で1000ドルするものであり、毎年テーマが決められ(1993年のテーマは「馬」)、そのテーマがクリスタルボトルに刻印されていました。

現在販売されているものは、2010年にジャン=クロード・エレナにより現代風に若干のアレンジが加えられたものです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「オー ドゥ エルメス」を「アニマリック・コロン」と呼び、「「シンプルだが洒落た男のコロンを」とは、多くの人が願っていたところ。オー・ドゥ・エルメスはわかりやすいシトラスとラベンダーをモチーフに、芳醇で複雑なシルク調のウッディノートをふんだんに加え、さらに動物臭のシベットをたっぷり添えて上質に仕上がった。」

「申し分のないすばらしい香りだが、モダンな高級車が時代遅れの豪華さを見せようと、古めかしい木目調の内装にしてくれと言い張っている気がしないでもない。」「中年男性は使わないほうがいいだろう。いつも白襟のストライプシャツを着ているというのでなければ。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:オー ドゥ エルメス
原名:Eau d’Hermes
種類:オード・パルファム
ブランド:エルメス
調香師:エドモン・ルドニツカ
発表年:1951年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/16,390円
公式ホームページ:エルメス


トップノート:レモン、ラベンダー、ベルガモット、プチグレン、セージ
ミドルノート:カルダモン、シナモン、クミン、バーボン・ゼラニウム、ジャスミン、コリアンダー、クローブ
ラストノート:レザー、バーチ、サンダルウッド、トンカビーン、シダー、バニラ、モス、ラブダナム

【割引クーポン有】 【送料無料】 オー ドゥ エルメス (箱なし) EDT・SP 100ml [あす楽] 【エルメス】【香水 フレグランス】【ユニセックス・男女共用】【オ ドゥ エルメス 】【HERMES EAU D’HERMES EAU DE TOILETTE SPRAY】

価格:15,400円
(2022/10/15 07:53時点)
感想(0件)