究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ジバンシィ】オーデ ジバンシイ<2018年版>(フランソワ・ドゥマシー)

ジバンシィ
©Givenchy Beauty
ジバンシィ
この記事は約3分で読めます。
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

オーデ ジバンシイ<2018年版>

原名:Eau de Givenchy
種類:オード・トワレ
ブランド:ジバンシィ
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2018年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/16,280円
公式ホームページ:ジバンシィ

スポンサーリンク

1980年のオリジナルとは全く違う”ジバンシィの水”

©Givenchy Beauty

ジバンシィは、1980年に「オーデ ジバンシイ」を発表しました。ダニエル・モリエールダニエル・ホフマンにより調香された、ハニーサックルが主役の香りは、2002年まで発売されていました。

このオリジナルの”ジバンシィの水”からフローラルの要素を弱め、シトラスの要素を強めて、21世紀に蘇らせたニュー・バージョンが2018年5月に発売されました(日本での発売は2018年7月1日)。

スポンサーリンク

ジバンシィの別荘「ル クロ フィオレンティーナ」をイメージした香り





調香師フランソワ・ドゥマシーが、ユベール・ド・ジバンシィが愛した南フランスの別荘「ル クロ フィオレンティーナ」(1985年に購入。元々は1815年に建てられた)の庭園をイメージして調香した香りです。

はじまりは南フランスへの旅の誘いからはじまります。心を高揚させるベルガモット、オレンジ、レモンの後から、涼やかなネロリとプチグレンがグリーンノートとムスクの風に乗り到来します。

ほのかに甘やかなヘディオンとビターなアーモンドの相反する効果により、ネロリとプチグレン×グリーンノートとムスクはひとまとめになり、シダーとベチバーの温かな余韻と共に、清らかに素肌の上を通り過ぎてゆきます。

輝きが駆け抜けていくイメージのコロンではなく、南フランスの軽やかな風に心が満たされるコロンです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:オーデ ジバンシイ<2018年版>
ブランド:ジバンシィ
原名:Eau de Givenchy
種類:オード・トワレ
ブランド:ジバンシィ
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2018年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/16,280円
公式ホームページ:ジバンシィ



トップノート:ベルガモット、オレンジ、マンダリン・オレンジ、レモン、プチグレン
ミドルノート:オレンジ・ブロッサム、ネロリ、ヘディオン、ビターアーモンド、グリーンノート
ラストノート:ホワイトムスク、シダー、ベチバー

ジバンシィ GIVENCHY ジバンシィ オーデ ジバンシィ オード トワレ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 ユニセックス 人気 ミニ

価格:800円
(2023/2/5 02:42時点)
感想(0件)