究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【エルメス】オー ドゥ ジャンシャンヌ ブランシュ(ジャン=クロード・エレナ)

エルメス
©Hermès
エルメスジャン=クロード・エレナブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

オー ドゥ ジャンシャンヌ ブランシュ

原名:Eau de Gentiane Blanche
種類:オーデコロン
ブランド:エルメス
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2009年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/16,280円

スポンサーリンク

コロンの伝統に対して反逆した香り

©Hermès

©Hermès

エルメスのコロン発売30周年を記念し、2009年4月30日に『コロン エルメス』が発売されました。その三作品のうちの一つが「オー ドゥ ジャンシャンヌ ブランシュ」です。エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナにより調香されました。

エレナが、「コロンの伝統に対して反逆した香り」を生み出そうと、涼しい石灰岩の中に造られたロックハウスをイメージして創造したこの香りの名には、二つの意味があります。

ひとつは、ゲンチアナ(リンドウ)とホワイトムスクという意味です。そして、もうひとつは、ホワイト・ゲンチアナという意味です。それは肌に乗せた人に自分のものがたりを決めて欲しいという思いが込められています。

群れずに咲くリンドウを主役に据えた、群れることを嫌い、わが道を歩む大人の女性・男性にこそ相応しいこのコロンには、歴史上初めてゲンチアナ・アブソリュートが使用されています。

スポンサーリンク

苦いハーブ×ホワイトムスク&アイリスが生み出す唯一無二の香り


幻想的な薬草のような、独特な苦味の効いた鋭いグリーンの芳香が、ホワイトムスクの朝靄に乗ってやって来ます。それはまるで日本アルプスの中腹に連れて行ってくれるようです。目の前の山の峰は雪で覆われています。

ムスク特有の甘さは全く存在せず、すぐにアイリスが加わり、(土っぽいチョークのような)ビートルートのドライな空気に包み込まれてゆきます。

どこか、土の中に埋まっている野菜を掘り出そうと、冷たい土壌に触れているような感触があります。そして、シトラスが全く存在しないコロンでありながら、とても涼しげなアイリスの甘やかさが広がってゆきます。

やがて静かに立ち上るインセンスがすべてを粛々と洗い清めるように、アイリスとホワイトムスクと結びつき、とても洗練されたアーシィーな唯一無二な余韻を残してくれるのです。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「生のピーナッツとグリーンペッパーのスリリングでユニークなトップノートの後、またたく間におとなしいオレンジ・ブロッサムへと落ち着いてしまうのが残念。」と2つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:オー ドゥ ジャンシャンヌ ブランシュ
原名:Eau de Gentiane Blanche
種類:オーデコロン
ブランド:エルメス
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2009年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/16,280円


シングルノート:ホワイトムスク、アイリス、インセンス、ゲンチアナ(リンドウ)

タイトルとURLをコピーしました