究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【エタ リーブル ド オランジェ】アルシーブ 69 イノセンスの終わり(クリスティーヌ・ナジェル)

その他
©Etat Libre d'Orange
その他クリスティーヌ・ナジェルブランド調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

アルシーブ 69 イノセンスの終わり

原名:Archives 69
種類:オード・パルファム
ブランド:エタ リーブル ド オランジェ
調香師:クリスティーヌ・ナジェル
発表年:2011年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/16,500円、100ml/24,200円
販売代理店ホームページ:NOSE SHOP

エタ リーブル ド ランジュ アーカイブス69 オードパルファン お試しチューブサンプル 1.5ml【Etat Libre D’Orange Archives 69 EDP Vial Sample 1.5ml New With Card】

価格:1,367円
(2022/2/21 10:25時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

スキン・レボリューション69

©Etat Libre d’Orange

©Etat Libre d’Orange

ブランド名の「エタ リーブル ド オランジェ(オレンジ自由国)」とは、1854年にボーア人(南アフリカに移住したオランダ系住民)によって建国された共和国(1902年まで)の名前から採られたニッチ・フレグランス・ブランドです。


アルシーブ 69」というこのフレグランスのネーミングは、パリのアルシーブ通り69番地に作られた旗艦店にちなんでつけられています。「無制限に、ルールを設けず、創作する」というブランド・アティテュードを体現した香りであり、〝あなたのイノセンスの終わり〟と銘打たれた香りとして、現エルメスの専属調香師クリスティーヌ・ナジェルにより調香されました。

この香りの特徴は、〝リアル・スキン・パフューム〟の部分にあります。この香りを身に纏いしものは、数分後には、それぞれの肌の香りを覚醒させる〝スキン・レボリューション〟が発動されるという面白さにあります。それは、69という数字が連想させる行為の最中に生み出される、自分自身の肌の香りの再現の意味も含みます。

ピンク・ペッパーとインセンス、オーキッドとベンゾインといった相反する香料が効果的に配されています。

当時クリスティーヌ・ナジェルが所属していたマネ社独自の革新的な技術である、JE(ジャングルエッセンス)により再現されたオーキッドとプラムが使用されています。JEとは、独自の二酸化炭素抽出技術により、本来は香りを抽出できないものから香りを抽出し、再現する革新的な技術です。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:アルシーブ 69 イノセンスの終わり
原名:Archives 69
種類:オード・パルファム
ブランド:エタ リーブル ド オランジェ
調香師:クリスティーヌ・ナジェル
発表年:2011年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/16,500円、100ml/24,200円
販売代理店ホームページ:NOSE SHOP


トップノート:マンダリン・オレンジ、ピンクペッパー、パプリカ
ミドルノート:インセンス、オーキッド、プラム
ラストノート:ムスク、パチョリ、ベンゾイン、カンファー

エタ リーブル ド ランジュ アーカイブス69 オードパルファン お試しチューブサンプル 1.5ml【Etat Libre D’Orange Archives 69 EDP Vial Sample 1.5ml New With Card】

価格:1,367円
(2022/2/21 10:25時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました