究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【クロエ】クロエ オードパルファム(ミシェル・アルメラック/アマンディーヌ・クレーヌ・マリー)

その他
その他 クロエ ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約7分で読めます。

クロエ オードパルファム

原名:Chloe Eau de Parfum
種類:オード・パルファム
ブランド:クロエ
調香師:ミシェル・アルメラック、アマンディーヌ・クレーヌ・マリー
発表年:2008年
対象性別:女性
価格:30ml/9,350円、50ml/13,090円、75ml/16,170円
公式ホームページ:ラトリエ・デ・パルファム

クロエ CHLOE クロエ オードパルファム 30ml EDP SP fs 【香水 レディース】【あす楽】

価格:4,180円
(2020/6/27 11:34時点)
感想(376件)

スポンサーリンク

クロエ復活の軌跡

Chloe Fragrance, the TV ad

クロエがはじめてフレグランスを発売したのは、1975年にカール・ラガーフェルドの指揮の下で生み出されたチューベローズの香りがする「クロエ」によってでした。以後、何作かリリースされるも、ヒット作は生み出せず、20世紀末にはクロエのブランド力自体が落ち、フレグランスは発売されていない状況が続いていました。

クロエのパディントンは、革が非常に柔らかく、傷つきにくく機能的。唯一の欠点は、パドロックによる重さのみ。

そんな中、1997年にクリエイティブ・ディレクターに就任したステラ・マッカートニーがクロエを復活させ、2001年にその座を引き継いだフィービー・ファイロが、パディントンというバッグと共に、ワイドパンツなどを独特のバランスでハイファッションに取り込んでいくセンスにより、爆発的な「クロエ旋風」を生み出すことになります。

そして、2005年にクロエは、再びフレグランス部門へと乗り出すことにしたのでした。かくして、コティとロベルテの協力を得て2008年2月(日本は2008年4月2日)に発売されたのが「クロエ オードパルファム」でした。

2008年のローズ革命



2006年にボンド・ナンバーナインの「セント オブ ピース」を調香し、脂の乗り切っていたミシェル・アルメラックアマンディーヌ・クレーヌ・マリーにより調香されたこの香りは、発売と同時に、世界中で爆発的に売れ、21世紀の「ローズ革命」を成し遂げた伝説的な香りであり、今でも正規代理店のラトリエデパルファムにおいては抜群の売り上げを上げる香りです。

この香りから、フレグランス・デビューした女性は数知れず。そして、この香りほど、女性からふられてしまった香りも少ないのではないでしょうか?

日本においては、当時、モテることが正義とされていた「キャバ嬢感覚」が持て囃されていた時代背景もあり、良くも悪くも「モテ香水」という言葉に市民権を与えた香りでした。

「私も欲しい~!クロエの香水ってオシャレよね!」からはじまり、やがて「なんかみんなこの香りつけてない?ちょっとカッコ悪いかも」もしくは「香害と言われた!」という感想へと辿り着き、彼女は、クロエを卒業し、本格的なマイ・フレグランスを求め旅立つのです。

私は、昔の香水とよりをもどすような女性を知らない。

フランソワーズ・サガン

この言葉こそ、この香りに相応しい言葉なのかもしれません。初恋の香り。そして、もう二度と省みられなくなる香り。若い季節に初恋を経験できた人は幸せです。

1000%合成香料で作られたフレーバーのような香りを身に纏っていた女子が、この香りを同じようにキンチョールを撒く勢いで自分に振りかけて、歩く香害になるということも含めての青春の香りなのです。それは露出狂のようなファッションにも似ています。

スポンサーリンク

ローズを若返らせた香りのはじまり


キラキラ、みずみずしさ、爽やかさ、甘さといった多面性を持つライチと、フルーティーな甘さのピオニーに、華やかに繊細な甘さを放つフリージア(同時にカロンを使用し、マリンノートが隠し味となる)がブレンドされ、ローズの到来を待ちわびるようなトップノートからはじまります。

すぐにローズが到来すると、同時に、スズランとマグノリアが、みずみずしいグリーンを追加し、フルーティーさに、ホワイトフローラルの透明感を加えながら多面的な香り立ちを放ちます。

この香りの弱点は、パディントンと同じく重量感です。日本の夏場のような環境でつけると、甘いライチがローズを包み込んでいく一面が、異常なほど高音域で主張します。

やがて、ベースのアンバーとシダーウッドが、フルーティーなローズをパウダリーなソーピィーさへと導いていく、豹変するラストノートにより、長寿という特性も持つ、この香りはドライダウンを迎えます。

2008年に、この香りにより「ローズ革命」の火ぶたは切って落とされました。若い女性にとって無縁の香りといわれていたローズにフルーティーの要素を追加することによって、ローズを一瞬にして女性全員が纏えるようにしたのでした。

つまりこの香りこそが、中学三年生からつけても違和感のない(と勘違いさせるほど)、若い女性に対してローズの市民権を与えた香りなのでした。

クロエのシルクのシャツの袖から着想を得たという、繊細なひだのある透明なクリスタルで作られた、幾何学的なキューブ型ボトルは、パトリック・ヴェイエによりデザインされ、シルバーのメタルプレートにより、ローマの神殿のような厳かさを兼ね備えるシルエットに包まれています。

タニヤ・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「クロエ オードパルファム」を「単調なローズ」と呼び、「発売元の社長によれば、ボトルに結んだベージュのリボンの「デザインを決めるには4ヵ月もかかった」とか。しかし肝心の中身はわずか4分で仕上げたに違いない。バスタブ用のクレンザーを、わざわざ加工したような薄味の合成ミュゲローズにがっかり。」と評し、

ルカ・トゥリンは「これは虚偽広告の一歩手前。何しろ1975年のオリジナル「クロエ」は、天然のチューベローズだったはずだ。」と2つ星(5段階評価)の評価をつけています。

クロエの広告戦略

2008年



Chloe Fragrance, the TV ad

世界的に売れているクロエのこの香りの広告戦略は、意外なほど静かなものです。

第一弾は、2008年に行われ、ポーランド出身のスーパーモデルのアンジャ・ルービック(1983-)とフレンチ女優のクレマンス・ポエジー(1982-)、そして、ハリウッド女優のクロエ・セヴィニー(1974-)をミューズに据え、あらゆる女性をターゲットにした多面的なイメージ戦略を採りました(撮影はイネス・ヴァン・ラムスウィールド&ヴィノード・マタディンによるもの)。

2011年


Chloé Eau de Parfum – Imogen Poots e Camille Rowe Pourcheresse (secondo video)

第二弾は2011年に、イギリスの女優のイモージェン・プーツ(1989-)とフランス出身のファッションモデルのカミーユ・ロウ(1986-)をミューズに行われていますが、この頃には、爆発的な売り上げにより、ブランド独自にイメージ戦略を仕掛ける必要はなくなっていました(撮影:イネス・ヴァン・ラムスウィールド&ヴィノード・マタディン)

2012年


Chloé Eau De Parfum
CHLOE EAU DE PARFUM – THE NEW ADV CAMPAIGN

そして、2012年に第三弾として、ファビアン・バロンをディレクターに迎え、フィンランド出身のファッションモデル、スヴィ・コポーネン(1988-)をミューズとしたキャンペーン・フィルムが生み出されました。

2015年

Chloé – Fleur de Parfum – Eau de Parfum

第四弾は、2015年にドリー・ヘミングウェイ(1987-)をミューズに、イネス・ヴァン・ラムスウィールド&ヴィノード・マタディンの撮影により行われました。

2018年

CHLOE_REBURTS_2017_MODEL_B2yoko

Chloé's signature Eau de Parfum

そして、10周年を迎える2018年に第五弾として、アメリカの女優のヘイリー・ベネット(1987-)をミューズに一大キャンペーンが行われ、落ち着いていた「クロエ オードパルファム」の売れ行きを再び上向きにさせたのでした。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:クロエ オードパルファム
原名:Chloe Eau de Parfum
種類:オード・パルファム
ブランド:クロエ
調香師:ミシェル・アルメラック、アマンディーヌ・クレーヌ・マリー
発表年:2008年
対象性別:女性
価格:30ml/9,350円、50ml/13,090円、75ml/16,170円
公式ホームページ:ラトリエ・デ・パルファム


トップノート:ピオニー、フリージア、ライチ
ミドルノート:ローズ、スズラン、マグノリア
ラストノート:アンバー、ヴァージニア・シダー、ホワイトムスク

クロエ CHLOE クロエ オードパルファム 50ml EDP SP fs 【香水 レディース】【あす楽】

価格:5,390円
(2020/6/27 11:04時点)
感想(1550件)

タイトルとURLをコピーしました