究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【イヴ サンローラン】ベルドゥ オピウム(アルベルト・モリヤス/オノリーヌ・ブラン)

アルベルト・モリヤス
©YSL Beauté
アルベルト・モリヤスイヴ・サンローランブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ベルドゥ オピウム

原名:Belle d`Opium
種類:オード・パルファム
ブランド: イヴ・サンローラン
調香師:アルベルト・モリヤス、オノリーヌ・ブラン
発表年:2010年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:30ml/7,000円

スポンサーリンク

21世紀のオピウム(阿片)

©YSL Beauté

イヴ・サンローランが1977年に巻き起こしたファッションとフレグランスの奇跡の融合の瞬間。それはジャン・アミックジャン・ルイ・シュザックによって生み出された伝説の香り「オピウム」の誕生により実現しました。

そんな「オピウム」が33年の時を経て、2010年にニューバージョンを初めて生み出したのでした。そのはじまりは、2008年6月に、イヴ・サンローラン・ボーテがPPRグループ(現ケリング)からロレアルに買収されたことからはじまります。

ロレアルは11.5億ユーロで買収したYSLボーテの売上を5年間で倍増させ、10億ユーロの大台に乗せてみせると高らかに宣言したのでした。そして、アジア市場に力を投入する事により「YSLボーテ五ヶ年計画」の実現に向けて進みだしたのでした(当時売上の55%は香水だった)。

ちなみにPPRグループがサノフィ社からイヴ・サンローランの全てを買収したのは1999年のことでした。しかし、ロレアルに買収されるまで、ボーテ部門に対するテコ入れは一切されず20年間衰退していました。

そして、「YSLボーテ五ヶ年計画」に沿って、2010年に生み出されたのが「ベルドゥ オピウム」でした。この名は、イヴ・サンローランがデザインした服をカトリーヌ・ドヌーヴが着て話題になった映画『昼顔』(1967)の原題「Belle de Jour」をもじったものでした。ちなみに「Belle」とはフランス語で「美しい、美人」という意味です。

この香りのポイントは、ただ単に21世紀の若者向けにアレンジされたものではなく、「オピウム」の持つミステリアスな中毒性を残しながらも新たなる領域に踏み込めるかという点にかかっていました。つまり元祖「オピウム」がその香りに溺れる女性の物語であるのに対し、この香りは、自分の魅力に溺れる女性の物語というアプローチなのです。

そういった難しい香りを作るためにフィルメニッヒ社の二人の調香師が召喚されたのでした。アルベルト・モリヤスとオノリーヌ・ブランの二人です。

スポンサーリンク

残念ながら、大コケにコケた〝中毒性のないアヘン〟

©YSL Beauté

私はこの新しい「オピウム」において、とてもフェミニンでミステリアスな新しい官能性を表現しようと考えました。オープニングのきらめくような滑らかな女性らしさが、全体を支配するノーブルな空気と見事な緊張感を生み出してゆくのです。

オノリーヌ・ブラン

そのような背景の下で生まれたこの〝美しきオピウム〟は、(アプリコットのような)ピーチとマンダリン・オレンジのフレッシュ・フルーティーな香りに、スパイシーなカサブランカ・リリーとクリーミーなガーデニア、濃厚な甘さのジャスミンが溶け込むようにしてはじまります。

スプレーから解き放たれた香りが肌に到達する最初の瞬間に、「オピウム」中毒者は、この香りの中毒になることは決してないことを知ります。

リッチなスパイシー感とは無縁なトップノートに、アーシィーなパチョリとホワイトペッパーが投入され、スパイシーに甘いフルーツ・パチョリとなります。

すぐに、ローズが香りに官能的な夜の到来を告げてゆきます。ホワイトペッパーが混入され、燻られたスモーキーなインセンスと、甘い水タバコが「オピウム」の片鱗を加えてゆきながら、だんだんと、フルーティーさが失われていく中、フローラルもローズ以外はその存在を感じられなくなります。

そして、インセンスと水タバコに、クリーミーなサンダルウッドの温かさとアンバーのバルサミックな余韻、さらにパウダリーなピーチバニラが、オリエンタルの名残を伝えてくれます。

ここで、中毒になるという意味を私たちは知ることになります。中毒になるためには、嫌悪感を覚えるほどに強烈に感情を揺さぶる何かがそこになければならないと言うことです。つまりこの香りになくて、オリジナルの「オピウム」にあるものそれは〝嫌悪感を呼び覚ます魔物〟のような存在なのです。

思わずシャネルの「ココ マドモアゼル」と比較したくなるほど、とても甘いフルーティーな香りであり、「サンローランの香りの21世紀」は、甘さと心中することが運命付けられた瞬間とも言えます。そして、その後に「モン パリ」「ブラック オピウム」という極め付けの甘い香りが登場することになるのでした。

エルメス、イヴ・サンローランの広告塔をつとめ、『海の上のピアニスト』(1999)や『ザ・ダンサー』(2016)でフランスのトップ女優として活躍中のメラニー・ティエリー(1981-)がキャンペーン・モデルを務めました(同年、セザール賞最優秀新人女優賞を獲得)。撮影は、マート・アラス&マーカス・ピゴットによるものです。

一方、英国において、このキャンペーン・フィルム(サロメの踊り)は「麻薬中毒者のよう」ということで放映規制されました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ベルドゥ オピウム
原名:Belle d`Opium
種類:オード・パルファム
ブランド: イヴ・サンローラン
調香師:アルベルト・モリヤス、オノリーヌ・ブラン
発表年:2010年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:30ml/7,000円


トップノート:マンダリン・オレンジ、アプリコット、ガーデニア、ジャスミン、カサブランカ・リリー
ミドルノート:インセンス、ピーチ、水タバコ、フルーティノート、ホワイトペッパー、ローズ
ラストノート:サンダルウッド、パチョリ、アンバー、バニラ

タイトルとURLをコピーしました