究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【セルジュ ルタンス】バドゥソワ(絹の靴下)(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイクセルジュ・ルタンスブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

バドゥソワ(絹の靴下)

原名:Bas de Soie
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2010年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/13,000円

スポンサーリンク

絹の靴下の上で滑る白魚のような指

©Serge Lutens

バドゥソワ」とは、フランス語で「絹の靴下」の意味です。絹の靴下に包まれた美脚を伸ばし、そこに指を這わせ靴下を引き伸ばしているイメージを喚起させる香りです。

それはシルクの上で移動する指先のように、ガルバナムの上で移動する共にメタリックな側面を持つヒヤシンスとアイリス(アイリスパリダ)の間を“静かなる葛藤”により揺れ動く香りなのです。

ヒヤシンスの甘い青葉感とアイリスのソーピーなパウダリー感と共に、「シャネルNo.19」のメイン香料でもあるガルバナムのグリーンノートがかなり鮮烈にこの香りの全てを捕らえていきます。

喪服姿の美女の衣服の下に秘められた絹の靴下。それは冷ややかな空間の中で、哀しみの涙を、悦びの涙へと変えてしまう危険なシルクの罠なのです。

愛する人を失った哀しみが、冷たい青葉の香りと共にトーンダウンしていく瞬間、警告音のようにグリーンが全てを包み込んでいきます。やがて、パウダリーなフローラルムスクの香りにより、ゆっくりと生に対する悦びが沸き起こってくるのです。

この香りは、2010年にクリストファー・シェルドレイクにより調香されました。そして、この香りの先にあるのが、シャネルにおいてシェルドレイクも参加した「ラ パウザ」であることは言うまでもありません。

香水データ

香水名:バドゥソワ(絹の靴下)
原名:Bas de Soie
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2010年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/13,000円


シングルノート:アイリス、ヒヤシンス、ガルバナム、香辛料、ムスク

タイトルとURLをコピーしました