究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『モンテカルロへ行こう』Vol.3|オードリー・ヘプバーンのリゾート・ルック

オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーンクリスチャン・ディオールファッション・ブランド女を磨くアイコン映画女優
この記事は約3分で読めます。

オードリー、僅か10分程度の出演

7番目にクレジットされている約10分程度の脇役としてオードリー・ヘプバーンは出演しているのですが、『ローマの休日』の一年前のオードリーの原石の姿が見れる貴重な作品です。

右のジャネット・バッティ。アンリ・ジュネスに追いかけれる明るい美人役です。そして、二人は27年後に結婚しています。

スポンサーリンク

メリッサ・ファレル スタイル7

プリンセスドレス
  • デザイナー:クリスチャン・ディオール
  • イブニングガウン
  • 一連パールのネックレス

『ローマの休日』の最後に着ていたようなガウンです。

映画雑誌に掲載された貴重なオードリー。

イブニングガウンの全景が分かるオフショット。

イブニングガウンの全景が分かるオフショット②。

スポンサーリンク

モンテカルロの休日 その1





映画撮影の合間にモンテカルロの休日を満喫しているオードリーのファッションが素敵です。

ベースボールキャップにクルーネックのボーダーシャツとショートパンツとフラットサンダルのアンサンブル。本当に素敵なボーダーシャツのシルエットです。

スポンサーリンク

モンテカルロの休日 その2




フレンチスリーブのトップス&スカーフに、カプリパンツにフラットサンダル。もうこの時点でサブリナは誕生していたのでした。

スポンサーリンク

モンテカルロの休日 その3




そして、最後にカラフルなワンピース。

作品データ

作品名:モンテカルロへ行こう Nous irons à Monte Carlo (1951)
監督:ジャン・ボワイエ
衣装:ジャック・コステ
出演者:オードリー・ヘプバーン/フィリップ・ルメール/マルセル・ダリオ/レイ・ヴェンチュラ

タイトルとURLをコピーしました