オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーン30 『昼下りの情事』2(3ページ)

    作品名:昼下りの情事 Love in the Afternoon (1957)
    監督:ビリー・ワイルダー
    衣装:ユベール・ド・ジバンシィ
    出演者:オードリー・ヘプバーン/ゲイリー・クーパー/モーリス・シュヴァリエ

    プリマドンナのようなカクテルドレス。

    プリンセスのような気品溢れるイブニングドレス。

    まさに、アリアーヌ王妃と呼ぶべきオーラです。

    それは、バレエのプリマドンナのようでもあります。

    オードリーの美しいデコルテライン。

    リトルブラックドレス姿でこの衣装を持つオードリー。

    ジャケットを着ると雰囲気ががらっと変わります。

    一言で言うと、オードリーだからこそ許されるファッションです。

    本当に美しいジャケット。

    私の統計では、寝るときに、うつ伏せになる女性の86%は秘密の恋愛中ということです。

    クロード・シャヴァッス(オードリーの父親)の台詞

    オードリー・ルック6 イブニングドレス
    • デザイン:ユベール・ド・ジバンシィ
    • ギリシア風ストラップレスドレス。胸元にグリーンのビジュー。オーガンジーのフリルスカート。ヘムにもビジュー、ウエストにブルーシルク・リボン
    • シルクのホワイト・ジャケット、シングル2つボタン
    • ロングホワイトグローブ
    • グリーンのヘッドアクセ
    • 白のパンプス

    オードリー・ヘプバーンという女優の恐ろしさは、カジュアルをエレガントに着こなす上に、リトルブラックドレスは、自分の肌のようなフィット感で着こなし、更にイブニングドレスを、妖精が誕生したかのような圧倒的な存在感(しかもどこか控えめな表情をつけて)で易々と着こなすところにあります。この頑張ってない感が、ファッションにおいてはすごく重要な要素となります。

    オードリー・ヘプバーンの少女と大人が交差する存在感

    この作品のもうひとつの主役はジプシーの4人組の楽団でした。彼らはビリー・ワイルダーがパリのとある場末の酒場で見つけて出演させたのでした。

    21世紀に失われたエレガンスが映像の中に残っています。

    毛皮の中には、リトルブラックドレスを着ています。

    パリ・リッツの廊下に佇むオードリー・ヘプバーン。

    オードリー・ルック7 毛皮コート・ルック
    • デザイン:ユベール・ド・ジバンシィ
    • 白テンのコート
    • 中にボートネックのリトルブラックドレス
    • 黒のローヒールパンプス
    • 白のショートグローブ




    ページ:

    1

    2 3

    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP