その他

アニー・デュプレー1 『薔薇のスタビスキー』1(2ページ)

    作品名:薔薇のスタビスキー Stavisky… (1974)
    監督:アラン・レネ
    衣装:イヴ・サンローラン
    出演者:ジャン=ポール・ベルモンド/アニー・デュプレー/シャルル・ボワイエ



    70年代サンローランのミューズ=アニー・デュプレー

    トレードマークは、マッシュルームカットに近いショートボブ。

    ゴダールの『彼女について私が知っている二、三の事柄』(1966)がデビュー作でした。

    イヴ・サンローラン(1936-2008)が映画の為にコスチューム・デザインした作品は多くない。最も有名なものは、カトリーヌ・ドヌーヴの『昼顔』(1967)と『暗くなるまでこの恋を』(1969)である。そして、意外なところでは『ピンクの豹』(1963)だろう。そんなサンローランの参加した映画の中でも、それらの作品に匹敵するほどにサンローランが輝いていたといえるのが本作のアニ・デュプレーのためにデザインしたコスチュームの数々だろう。

    元々ファッション・モデルとして活躍していたアニーの、174㎝のスレンダーボディが奏でるその所作の優雅さ。そして、1976年に処女作を発表して以来、小説家として活躍する一面もある、その文化的教養の高そうなルックス。この作品の数々のサンローラン・ファッションは、圧倒的なオーラに包まれています。そして、それはアニーが見事に着こなしていたからこそ生まれたオーラだったのです。

    アニー・デュプレーは、1947年6月28日ににフランス・ルーアン(1431年にジャンヌ・ダルクが火刑された町)で生まれました。僅か8歳の時に彼女は不幸に見舞われます。なんと両親二人が、ガス給湯器の欠陥によって、バスルームの一酸化炭素中毒で窒息死したのでした。不幸にめげず聡明な娘として育ち、10代でパリに出て、ファッション・モデルをしながら、フランス国立高等演劇学校で演技を学び、17歳で舞台デビューします。

    そして、1966年にジャン=リュック・ゴダール監督の『彼女につい私が知っている二、三の事柄』で映画デビューしました。



    サンローラン・エレガンスを体現したオール・ホワイト・ルック

    81z7jMsCQfL._SL1475_

    ロールス・ロイスから降りるアニー・デュプレーの姿勢の優雅さにうっとりします。

    vlcsnap-2010-03-09-16h53m24s62

    そのビジュアル・イメージはココ・シャネルの若き日。

    1933年を舞台にしたサンローラン・マジックが始まります。

    イヴ・サンローランのデザイン画。

    アルレット・スタイル1 アイコニック・ドレス
    • 白のホースヘアーのキャプリーヌ
    • 白のデイドレス
    • 白のミンクのストール
    • 白のロンググローブにパールアクセ
    • 白のアンクルストラップ・セパレート・パンプス
    • パールのネックレス
    • ダイヤモンド・イヤリング

    このドレスの制作の参考にした、本物のアルレットのファッション。

    本作は、『ペーパー・ムーン』(1973)『スティング』(1973)『華麗なるギャツビー』(1974)で一気に沸点に達した1920年代~30年代のノスタルジー・ブームを反映して作られた作品(1973年秋に撮影)です。映画史においては、ほとんど印象に残らない作品ですが、ファッション史においては、かなり重要な位置を占める作品です。

    その理由は、1973年のイヴ・サンローランが、1930年代のノスタルジー・ファッションを再現したからです。それもただ単純に再現するのではなく、そこにサンローラン特有のシャープなシルエットを反映させ、見事なまでにモード化された1930年代のフランス・ファッションを創造したのでした。



    ゴルフウェアもサンローランにかかれば・・・

    858a1c192939c3ee44d37add5d4cedac

    モード感に包まれます。ベレー帽が効いてます!

    モノトーンの世界観が素晴らしいです。

    イヴ・サンローランのデザイン画。

    アルレット・スタイル2 ゴルフ・ルック
    • 白のベレー帽
    • 白のカーディガン
    • 白のポロシャツ、オープン・カラー。リブ編み、袖と裾に黒ライン
    • 白のウールスカート
    • 白のレザーベルト
    • 幾何学模様の黒スカーフ
    • 左手のみ白グローブ
    • 白×黒のバイカラー・ゴルフシューズ




    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. ミア・ファロー10 『華麗なるギャツビー』4(3ページ)
    2. オードリー・ヘプバーンのすべて【1929-1950】(2ページ)…
    3. シド・ヴィシャス2 『シド・アンド・ナンシー』2(2ページ)
    4. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART2<グッチ>
    5. アニー・ポッツ  『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』3 …
    6. フェイ・ダナウェイ2 『俺たちに明日はない』2(2ページ)
    7. カトリーヌ・ドヌーヴ3 『昼顔』3(4ページ)
    8. オードリー・ヘプバーン39 『パリで一緒に』1(2ページ)
    PAGE TOP