アンナ・カリーナ

アンナ・カリーナ1 『気狂いピエロ』1(3ページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品名:気狂いピエロ Pierrot Le Fou (1965)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
衣装:クレジットなし
出演者:ジャン=ポール・ベルモンド/アンナ・カリーナ



アンナ・カリーナの母親、ココ・シャネル

1940年9月22日、彼女はデンマーク・コペンハーゲンに生まれました。母親は洋裁店を営み、父親は船長でしたが、彼女が生まれて間もなく家族を捨てて蒸発しました。祖父母の間をたらい回しにされ、8才で母親が再婚し、家出を繰り返し、少女時代には、盗んだ船でアメリカ渡航を画策したこともあると言います。14才で学校を退学し、百貨店のエレベーターガールをしたりもしていました。そんな時に短編映画のエキストラをしたことがばれて義理の父親に手ひどく暴行されます。

彼女は決断しました。もうデンマークには未練がないと、僅か15ドルしか持たずに、ヒッチハイクをしてフランス・パリに向かいます。1958年夏のことでした。そして、パリで、神父に助けられ、小さな部屋をバスティーユの近くで与えられました。仕事もなく食い詰めて、有名なカフェ、ドゥ・マゴ・パリに座っている所を、ファッションモデルとしてスカウトされます。

そんなある日ELLEの撮影のためにスタジオにいた彼女は、ココ・シャネルと対面します。そして、シャネルは彼女に尋ねました。「あなたの将来の夢は何?」それに対して彼女は「女優になりたいです」と答えました。そこでシャネルが命名してくれた名前が〝アンナ・カリーナ〟でした。

そして、シャネルは言いました「あなたはサイレント・ムービーに出てくる女優のような存在感があります。まずはフランス語をがんばりなさいね」と。その日以降アンナは、毎日映画館に通うようになりました。女優としての勉強とフランス語の勉強を兼ねて、同じ映画を何十回も見る日々をすごしました。そして、この時期ピエール・カルダンのマヌカンにもなりました。



「気狂いピエロ」は、石鹸のコマーシャルから生まれた

1959年、アンナ・カリーナが出演したパルモリーブ・ソープのテレビCMを見た一人の男が、自身の初めての長編映画となる作品の脇役として、彼女に出演依頼の電報を打ちました。その男の名は、ジャン=リュック・ゴダール。作品の名前は『勝手にしやがれ』。早速ゴダールと面会したアンナは、ベルモンドの昔の愛人役で「ヌードになる」という条件にびっくりしました。

そして、その時のゴダールの一言が、アンナの逆鱗に触れました。それは「だってTVでヌードになってるじゃん」という一言でした。「あれはヌードじゃなくて泡の下に衣装を着てるんですよ」とアンナが言うと、さらにゴダールは一言しらっと「でも見てる人は、ヌードだと思ってるよ。服を着て風呂に入るバカはいないでしょ?」と言ったからでした。

ゴダールの恐ろしい所は、手痛く断られても、さらに彼女にアタックする所です。再び電報を送りつけました。〝次は『小さな兵隊』という映画の主役でお願いします〟という内容でした。嫌々アンナが面接に行くと、ゴダールは、ただ15秒ほど彼女をじっくりと嘗め回すように見て、「合格です」と伝えました。そこでアンナは「ゴダールさん、面接は合格ですと言いましたが、私は一体どんな映画なのか知りません」と言うと、ただ一言「政治映画です」と言うだけでした。結果的に、二人は1961年に結婚し、1965年に離婚することになります。



ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ジル・セント・ジョン1 『007 ダイヤモンドは永遠に』3(3ペ…
  2. ジャンヌ・モロー3 『死刑台のエレベーター』1(2ページ)
  3. マリリン・モンロー2 『ナイアガラ』2(3ページ)
  4. イングリッド・チューリン1 『地獄に堕ちた勇者ども』2(3ページ…
  5. ジャンヌ・モロー4 『死刑台のエレベーター』2(2ページ)
  6. グレース・ケリー4 『裏窓』1(2ページ)
  7. アリ・マッグロー1 『ゲッタウェイ』2(2ページ)
  8. オードリー・ヘプバーン38 『暗くなるまで待って』2(2ページ)…

女性目線の男磨き

PAGE TOP