ジェームズ・ボンド

ロジャー・ムーア12 『007 ユア・アイズ・オンリー』3(3ページ)

スポンサーリンク

作品名:007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only(1981)
監督:ジョン・グレン
衣装:エリザベス・ウォーラー
出演者:ロジャー・ムーア/キャロル・ブーケ/リン=ホリー・ジョンソン/ジュリアン・グローヴァー/カサンドラ・ハリス

スポンサーリンク

ロジャー・ムーアに非情の男は似合わない。

こういった実用性の高い服装をボンドが着るときには、ボンドにある程度の若さが求められる。

ドクター・ノオ』からずっと登場していたワルサーPPK。

しかし、前作『ムーンレイカー』ではPPKは登場しなかった。

そんなワルサーPPKが、再び華麗なる再登場を果たしました。

殺し屋ロックの車を崖から蹴落とし殺害するボンド。

ジェームズ・ボンド・スタイル9 ナイロンブルゾン
  • ダークネイビーのナイロンブルゾン、ジッパーポケット、襟、袖、ウエストがリブ編み
  • ダークネイビーのタートルネック
  • ダークネイビー・トラウザー
  • ブラックレザーベルト
  • ブラックレザーシューズ

ここでロジャー・ムーア=ボンドらしからぬシーンが登場します。それは優雅に敵をやっつけるのではなく、極めて感情的に敵をやっつけるというリアル・ボンドとして、崖から敵の車を蹴落として殺害するシーンです。本作で最も賛否両論を集めたシーンなのですが、「男が復讐心を煮えたぎらせて様になる季節」というのがあるのでしょう。

50代の男性に剥き出しの復讐心は似合いません。ボンドが復讐心を剥き出しにしてサマになったのは40代半ばくらいまでなのでしょう。そういう意味においてティモシー・ダルトンとダニエル・クレイグの復讐心に燃えるボンド像は、ぴったりとハマっていました。

スポンサーリンク

典型的なロジャー・ムーア=ボンド。

このゆる~い70年代テイストこそ、ロジャー=ボンドの真骨頂。

子供のように、新しいものを見つけるとすぐに触りたがるいつもの姿。

ロジャー=ボンドの持ち味は軽妙さなのです。

ジェームズ・ボンド・スタイル10 70年代おじさんルック
  • フランク・フォスターのペールイエロー半袖コットンシャツ、胸ポケット
  • ストーンカラーのトラウザー
  • オフホワイトのベルト
  • 白のエスパドリーユ
スポンサーリンク

ページ:

1

2 3

最新の投稿

更新カレンダー

2019年9月
« 8月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP