エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

【ブロンディ】デボラ・ハリーという女

ブロンディ
ブロンディ 反逆のファッション 反逆の歌姫たち
この記事は約5分で読めます。

デボラ・ハリーという女

Debbie Harryデボラ・ハリー(1945年7月1日-)は、プラチナのように光り輝くブロンド・ヘアと、キスしたくなるような妖艶な薄い上唇、そして、退廃的なマレーネ・ディートリッヒのような頬骨により、1970年代後半に彗星の如く現れ、1980年代前半にかけて、マドンナ前夜のミュージック・シーンにおけるファッション・アイコンとして君臨しました。

マドンナはもちろんのこと1980年代の女性ポップスターに多大なる影響を与え、21世紀においても尚、テイラー・スウィフトをはじめとする女性ポップスターに崇拝されているデボラ・ハリーの生い立ちを振り返りながら、時代を越えたファッション・アイコンのルーツを見ていきましょう。

デボラ・ハリーとクリッシー・ハインド(プリテンダーズ)にはすごく刺激を受けたわ。二人とも女性で、バンドの中心人物だったでしょ。詞を書いていたのは明らかに彼女たちだし、ふたりとも強烈なイメージを持ってたからすごく勇気づけられたの。

マドンナ

デボラ・ハリーの魅力。それはグレムリンに似たルックスにある。

スポンサーリンク

両親から捨てられた悲しい生い立ち

1950年代の少女時代のデボラ・ハリー。

デボラ・ハリーは、有名になった後、私立探偵を雇い、実の両親を探したらしい。彼女は、自分を捨てた両親であっても、もし苦労していたら手を差し伸べたいと願っていたのでした。

1945年7月1日にデボラは、フロリダ州マイアミで生まれました。そして、僅か3ヵ月後、両親は育児放棄し、彼女はニュージャージー州ホーソンでギフトショップを経営する夫婦に養女に出されたのでした。

経済的には恵まれていなかったが、二人にとって念願の子供として、たっぷり愛情を注がれ育てられました。そして、4歳のときに、養女であることを教えられたデボラは、少女時代から「私の本当のお母さんはマリリン・モンローかもしれない」と妄想するようになったのでした。

デボラ・ハリーという女性のマリリン・モンローに似た側面はこの不幸な生い立ちに寄るものが大きいのでした。

14歳で髪の色をブロンドにする



彼女の本当の髪の色は、ブロンドではなく赤毛でした。思春期になるまでのデボラは、自宅に隣接する森の中で、「赤毛のアン」のように遊ぶ、おてんば娘でした。

そんな彼女が、ブロンドヘアーになったきっかけは、レコードデビューするときに、アドバイスを受けてというわけではありませんでした。

それはまだ彼女が14歳の時の話です。ホーソンの市営プールで憧れの年上の少女が、マリリン・モンローのようなブロンドヘアに脱色したのを見て、「どうしたらこんなに綺麗なブロンドになれるのかしら?」と質問したところ、彼女の母親が美容師で、自宅で髪をブロンドヘアに変える方法を教えてくれたのでした。

そして、デボラもブロンドヘアにして、メイクアップをし、学校でも「高校一の美少女」に選ばれ、自分の魅力に目覚めるようになったのでした。

スポンサーリンク

ウッドストックにデボラもいた!

バレエの練習に励みながらも、マーチングバンド部に所属していた高校時代のデボラ。

1963年、ホーソン高校の卒業アルバムより。


センテナリー・カレッジーに進み、卒業後、20歳で、単身ニューヨークに出たデボラは、有名なロックスターが出演するマックス・カンザスシティでウエイトレスとして働くようになりました。

上記の写真は、1969年8月15日から17日にかけて行われたウッドストック・フェスティバルに出かけた時の写真です。ラブアンドピース・モチーフのネックレスをはじめ、ペイズリー柄のファッションとストレートのロングヘアーといいこの時代の雰囲気そのもののデボラがとても新鮮です。

プレイボーイのバニーガールになる



1968年から1973年までデボラは、ニューヨークのプレイボーイ・クラブでバニーガールとして働いていました。そんな最中である1972年には、パーティ帰りの夜中のニューヨークのイーストビレッジで、IQ160の連続殺人鬼テッド・バンディの車に拾われ、危うく殺されかけた経験があります(あくまでも本人談)。

スポンサーリンク

1974年、スティレットーズ結成




そして、1973年に、クリス・スタイン(のちのブロンディにおける相棒)と出会い、デボラは音楽活動に専念することを決意したのでした。1974年、2人の女性とともに、「スティレットーズ」を結成し、そこにクリスが合流し、ブロンディの原型は出来上がります。

しかし、同棲するようになった二人に悲劇が訪れます。1974年に、ニューヨークのアパートの前で、黒人にナイフを突きつけられ、縛られ、デボラはレイプされ、さらにクリスは愛用のギターを奪われたのでした。

「あの時、恋人の前でレイプされたよりも、ギターを奪われたことが、何よりも辛かった」と回想するデボラ。当時裕福ではなかった二人にとってギターを奪われることは、グループとしての死活問題だったのです。しかし、この経験があればこそ、二人は、心のリミッターを振り切ることに成功したのでした。「一旦全てを失ってしまうと、もう何も怖いものがなくなるものなのよ。」

1977年に二人のロックバンド・ブロンディが有名になったとき、デボラ・ハリーはすでに33歳でした。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました