マドンナ

マドンナ伝説16(マドンナ・コンサートのファッション1)(2ページ)

    マドンナ略歴

    • 1958年8月16日 ミシガン州ベイシティで生まれる(6人兄妹の3番目であり長女)。
    • 1977年 ミシガン大学を中退し、35ドルを片手に、グレイハウンドバスでニューヨークへ。
    • 1982年 「エヴリバディ」で歌手デビューを果たす。
    • 1983年 デビュー・アルバム『バーニング・アップ』を発売。全米で500万枚、全世界で1000万枚を売り上げる。
    マドンナ略歴続き




    ヴァージン・ツアー

    コスチューム:マリポール

    1985年4月10日~6月11日にかけて、アメリカ・カナダで全40公演。


    マドンナ・コンサート・スタイル1  ヴァージン・ツアー1
    • 薄いパープルカラーのバンダナ
    • 山本寛斉風の派手な柄のジャケット
    • スタッズ・レザー・ベルト
    • グリーンのミニスカート
    • グリーン・シースルー・クロップトップから見える黒ブラ
    • レースのレギンス
    • 十字架のイヤリングとネックレス
    • ブラック・ショートブーツ







    マドンナ・コンサート・スタイル2 ヴァージン・ツアー2
    • ホワイトレースのロンググローブ
    • ホワイトチューブトップ
    • 膝丈のタイトなホワイトスカート
    • ホワイトレース・レギンス
    • 白のルーズソックス
    • 白のショートレザーブーツ
    • 白のバンダナ






    マドンナ・コンサート・スタイル3 ヴァージン・ツアー3
    • 白のパニエ
    • ホワイトクロップトップ、十字架プリント
    • 白の刺繍入りジャケット
    • 白のレースロンググローブ
    • 白のレースレギンス
    • 白のレースアップ・ショートブーツ
    • 白のバンダナ、十字架のイヤリング

    1985年5月号のタイム誌の記事で命名されたマドンナ・ワナビーが増殖する中で開催された初ツアー(ビースティ・ボーイズがオープニング演奏をつとめた。当初ランDMCが予定されていた)。北米のみのツアーでしたが、マドンナのぶれない本質が、すでに最初から見て取れます。彼女はカメレオンのように変化する人。しかし、変化してもマドンナである理由は、やはり彼女自身の精神性がしっかりしているからでしょう。「私はエンターテイメントの太陽神になる」マドンナはそれを叶えることのためだけに生まれてきた人でした。

    このコンサートで使用された衣装は、すべて、マドンナの友人のマリポールが経営するグリニッジ・ヴィレッジのショップ「マリポリタン」から、1985年2月にマドンナ自身が選抜したものでした。

    彼女に憧れ多くの日本人のポップスターもカメレオンのように変身を見せ付けたわけですが、そこには大した精神性は存在せずに(基本的に事務所の言うがままに)、ただ着せ替え人形が気まぐれに衣装を着ました感。もしくは「私ってセクシーでしょ?」感に満ち溢れており、それは48人で集まるあの盆踊りのような「自己を失ったマシーンたち」の「寄せ集め」の退屈しのぎに過ぎないものでした。

    マドンナの本質とは何か?それは一人のポップスターが、ファッションの歴史を先導した点にあります。明らかに1980年代以降のファッション・シーンにおける彼女の影響力は、甚大です。しかし、それが本格的に分析されていないのも事実です。だからこそ、その始まりとしてこのサイトの『マドンナ伝説』は存在するのです。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. マイケル・ジャクソン伝説3(5ページ)
    2. スザンナ・ホフス バングルス伝説2(2ページ)
    3. マドンナ伝説5(3ページ)
    4. シンディ・ローパー伝説6(3ページ)
    5. マドンナ伝説10(4ページ)
    6. マドンナ伝説20(マドンナ・コンサートのファッション史5)(4ペ…
    7. マドンナ伝説24(マドンナとファッション・キャンペーン4)
    8. マドンナ伝説18(マドンナ・コンサートのファッション史3)(4ペ…

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP