ミア・ファロー

ミア・ファロー3 『ローズマリーの赤ちゃん』3(2ページ)

    作品名:ローズマリーの赤ちゃん Rosemary’s Baby (1968)
    監督:ロマン・ポランスキー
    衣装:アンシア・シルバート
    出演者:ミア・ファロー/ジョン・カサヴェテス/ルース・ゴードン/モーリス・エヴァンス



    ネイビーのタートルネックにトレンチコート

    プリーツスカートが若々しくて可愛らしい。

    ラッシュの濃いアイメイクが、シックスティーズ・ドーリーを演出

    ガイのウールのブラウンポロシャツもかなりクール。

    前髪ぱっつんのボブヘアがトレンチとの相性ばっちり。

    ローズマリー・ルック12 トレンチコート×タートルネック
    • ベージュのトレンチコート
    • ネイビーのタートルネックのセーター
    • ブルーのプリーツスカート




    アメリカで最も人気を生んだアイコニック・パンツスタイル

    炎のように情熱的なレッドカラーのパンツスーツ。

    悪魔の子を宿すときの妄想シーンにて着用。

    着こなしを少し間違うととてつもなく野暮ったくなる類のパンツスタイル。

    難易度の高いファッションを見事に着こなしています。

    ローズマリー・ルック13 レッド・パンツスーツ
    • 赤色のシフォンのパンツスーツ、Vゾーンの深いボーカラー、肩パッドの入ったペザントスリーブ、ナローカフス、フレアーなワイドパンツ
    • ダークレッドのアンクレットパンプス、パテントレザー

    本作において最も人気のあるスタイルが、これです。全身赤のパンツスタイルで、しかもワイドパンツというファッションを着こなせる女性はなかなかいません。そこに、この60年代の作品が、現代女性が忘れがちなワイドパンツの着こなしに対する警句を与えてくれています。

    「ワイドパンツにはお金を惜しまないで」

    という鉄則です。数年前からファストファッションにおいて、ワイドパンツの販売強化がなされています。その明確なる戦略の意図は、ただ一つ。「ワイドパンツほど、サイズ感を無視して、売りつけやすい商品はない」という認識です。そのことにより、日本中に、大名行列において長い袴を履いてる様な〝オオエドルック〟女子が氾濫する事となりました。そこに、生地の悪さが加味され、優雅なドレープに包まれた脚というワイドパンツのコンセプトから、遥かに外れた、脚にまとわりつく、かったるいボロ布を引きずるボロ・ルックが誕生し、ワイドパンツ・カーストの最下層に位置するようになっています。

    ある種のファストファッションを、ファストに着ないで、ローテーション化する危険性は、「貧困」という値札をつけて歩いているように見えると言うことです。本作のパンツスタイルが、決まっているのは、サイズ感と良質な生地という二点が決まっているからなのです。



    永遠のキラースタイル

    ローズマリー・ルック14 生脚
    • ショート・ホワイト・ドレッシング・ガウン、タオル生地
    • 大きなけばのブルースリッパー

    このタイムレスなスタイルは、ガウンが、ボーイフレンドシャツであっても見事に成立します。ほとんどの女性にとってこのスタイルは、永遠のキラー・スタイルです。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. ジョアンナ・シムカス2 『冒険者たち』2(2ページ)
    2. マレーネ・ディートリッヒ1 『モロッコ』1(2ページ)
    3. カトリーヌ・ドヌーヴ3 『昼顔』3(4ページ)
    4. グレース・ケリー4 『裏窓』1(2ページ)
    5. アニー・ポッツ  『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』3 …
    6. カトリーヌ・ドヌーヴ5 『シェルブールの雨傘』2(2ページ)
    7. グレース・ケリー9 『モガンボ』5(2ページ)
    8. オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】後編(2ページ)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP