ミア・ファロー

ミア・ファロー5 『ローズマリーの赤ちゃん』5(2ページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品名:ローズマリーの赤ちゃん Rosemary’s Baby (1968)
監督:ロマン・ポランスキー
衣装:アンシア・シルバート
出演者:ミア・ファロー/ジョン・カサヴェテス/ルース・ゴードン/モーリス・エヴァンス



『天使のベル』のようなテントドレス

マリーゴールドイエローが、出産間近となり幸せいっぱいなローズマリーの心を代弁しています。

ブロンドのピクシーカットとの相性が抜群です。

ニュー・ピクシー・カットの魅力がよく分かるアングル。

ローズマリー・ルック22 イエロー・テントドレス
  • マリーゴールドイエローのテントドレス
  • クリーム色のフラットサンダル、アンクルストラップ付き

ローズマリー・ルック23 ギンガム・テントドレス
  • レースとギンガムチェックのテントドレス

元々ミア・ファローが、ロング・ヘアからショート・カットにしたのは、1965年晩夏、まだ彼女が『ペイトン・プレイス物語』に出演している頃だった。ファンレターで長い髪をあまりに褒められることに嫌気をさして、突発的に鋏で3センチくらいまでカットしたのだった。

この写真は、1965年ミアが髪を切った日の写真です。

その後、何年も私がショートヘアで通したのは、フランク(シナトラ)が素敵だと言ってくれたせいでもあった。

ミア・ファロー




シャネル2.55の歴史

このすばらしいテントドレスの時に持つバッグは再び、シャネルの2.55です。

スクールガールのようなブレトン・ハット。

60年代風ドーリー・メイクが可愛らしい。

サルバドール・ダリに「靴を左右逆にはいたら」とアドバイスされ、3日後に本作のオファーがあった。

このテントドレスもかなりのミニスカートです。

ローズマリー・ルック24 レザージャケット・スタイル
  • ピーターパンカラーのブルー・ダイアゴナルチェックのテントドレス、シフォンスリーブに白のカフス
  • 黒のブレトンハット
  • 黒のシャネル2.55
  • ボウつきの黒のフラットシューズ

ここで再びシャネルの2.55が再登場します。今度は定番カラーの黒色です。このバッグは、ココ・シャネル自身が1955年2月に発表したチェーンベルトのついたバッグです。原型は1929年にアーミー用のダッフルバッグ(雑嚢)からヒントを得て、バッグに革紐をつけて肩にかけてみたことから始まりました。

そして、バッグにキルティング加工を施すというアイデアを、キルティング加工のブルゾンから得て、ここに2.55は完成し、後のマトラッセへと進化を遂げるのでした。



ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ブリジット・バルドー6 『戦士の休息』2(3ページ)
  2. ジャンヌ・モロー2 『エヴァの匂い』2(3ページ)
  3. オードリー・ヘプバーン36 『マイ・フェア・レディ』4(2ページ…
  4. マリリン・モンロー5 『ショウほど素敵な商売はない』1(3ページ…
  5. オルガ・キュリレンコ1 『007 慰めの報酬』3(2ページ)
  6. ミシェル・ファイファー1 『スカーフェイス』4(3ページ)
  7. カトリーヌ・ドヌーヴ3 『昼顔』3(4ページ)
  8. オードリー・ヘプバーン29 『昼下りの情事』1(3ページ)

女性目線の男磨き

PAGE TOP