究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ペンハリガン】サルトリアル(ベルトラン・ドゥショフール)

ブランド
ブランド ベルトラン・ドゥショフール ペンハリガン 調香師 香りの美学
この記事は約5分で読めます。

サルトリアル

原名:Sartorial
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:ベルトラン・ドゥショフール
発表年:2010年
対象性別:男性
価格:50ml/15,950円、100ml/22,550円
公式ホームページ:ラトリエ・デ・パルファム

ペンハリガン PENHALIGON`S サルトリアル オードトワレ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 メンズ 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:800円
(2020/4/21 23:56時点)
感想(4件)

スポンサーリンク

ノートン&サンズ=パトリック・グラントの香り

パトリック・グラント。1972年生まれ。190cmの超イケメン。

Sartorial Film for Penhaligon's by Quentin Jones – The Tailors and the Nose

それは2005年のある日の出来事でした。オックスフォード大学のサイード・ビジネス・スクールの食堂で一人昼食をとっていた33歳の男性が、フィナンシャル・タイムズ片手に「これだ!」と大声を発したのでした。

彼が見ていたのは、「ノートン&サンズ」(1821年創業。ケーリー・グラント、ウィンストン・チャーチル、フレッド・アステアなどを顧客にしていたビスポークテーラーの老舗)を売りに出す豆粒のような小さな記事でした。

そして、この男性は、同級生二人を説得し、自身の家と車、他に売れるものすべてを売り、銀行から資金を借り、二人の友人の資金も合わせて、2005年12月に「ノートン&サンズ」を買収したのでした。この男性の名をパトリック・グラント(1972-)と申します。

2005年には、年間20名の顧客しか持たなかった、衰退の一途を辿るサヴィル・ロウの老舗ビスポークテーラーを、5年後には、年間数百人の顧客を持つテーラーへと復活させたのでした。そして、20世紀後半から衰退しているサヴィル・ロウに復興にきっかけを与えたのでした=サヴィル・ロウの救世主

更に、彼は2009年に、「ノートン&サンズ」の既製服ライン「E.TAUTZ(イートウツ)」をリローンチさせ、英国服を愛する世界中の顧客の愛を勝ち取り、日本でも取り扱い店舗が増える人気ブランドへと成長させたのでした(パトリックは、2010年にブリティッシュ・ファッション・アワードでメンズウェアデザイナー賞を受賞)。

上のペンハリガンの動画に、パトリック・グラントと調香師も登場しているのですが、この香りは、「ノートン&サンズ」というビスポークテーラーの香りというよりも、〝サヴィル・ロウの救世主〟であり21世紀のビスポークスーツを象徴する男パトリック・グラントの香りと言った方がしっくりくるでしょう。

JB、キングスマン、とりあえずカッコいい英国紳士の香り



この香りの誕生のいきさつはペンハリガンのアーティスティック・ディレクターであるエミリー・メイベルが、パトリック・グラントの活躍に注目し、彼に「21世紀のサヴィル・ロウの香り」を作りたいとコラボを持ちかけたことから始まりました(ちなみに、パトリック自身はアラミスとイッセイミヤケの「ロー ドゥ イッセイ」を愛用しているという)。

そして、そんな香りを作ることが出来る男性として選ばれたのが、ラルチザン帝国を復興させた皇帝ベルトラン・ドゥショフールでした。

この香りを作るために「ノートン&サンズ」をはじめとするサヴィル・ロウの3箇所のお店を訪れたドゥショフールは、お客様がスーツを着るために待っているブリティッシュレザーのクラブチェアと、スチームアイロンの蒸気が生地に与える匂いに特に興味がひかれました。

「ノートン&サンズ」では、7人のテーラーと2人のカッターを雇用し、年間約300着のオーダースーツのみを受け付けているのですが、そんな彼らの作業を黙々とドゥショフールは観察し、パトリックとの談笑を重ねながら、香りのイメージを膨らませていったのでした。

ツイードの生地、裁ちバサミや裁断機の金属とオイルの匂いを連想させるメタリックなアルデハイド(アフターシェーブローションのようでもある)と、アイロンプレスの蒸気に包まれたようなオゾン(イッセイ?)とハーバルな香りが織り交ざるトップノートは、テーラーの扉を開けた瞬間=真の男の世界に足を踏み入れる瞬間をイメージさせます。

そして、クラブチェアのレザーの香りとテーラー内のアンティーク家具を連想させるシダーとパチョリの香りが、ビーズワックスにより磨き上げられた木面の雰囲気を醸し出します。さらにラベンダーのアロマティックな清潔感がそれらの香りと見事な対比を織り成します。

最高にエレガントな男性を生み出すサヴィル・ロウのスーツを着る21世紀の男たちの神話の香りを作るということは、つまりは、サヴィル・ロウのスーツを着る最も有名な男性であるジェームズ・ボンドの香りを作るという意味と言っても過言ではありません(そして、キングスマン!)。

ボンドが似合う香りの創造を目指して生み出された21世紀のフゼア。それが「サルトリアル」なのです。

これほどの素晴らしい21世紀の英国紳士の香りを生み出したベルトランにエミリーが尋ねました。「一着ビスポークスーツを仕立ててみますか?」と。しかし、その答えは、いともあっさりとしたものでした。「いいえ。それは私のスタイルではありません」。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:サルトリアル
原名:Sartorial
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:ベルトラン・ドゥショフール
発表年:2010年
対象性別:男性
価格:50ml/15,950円、100ml/22,550円
公式ホームページ:ラトリエ・デ・パルファム


トップノート:アルデハイド、ウォーターノート、ヴァイオレット・リーフ、ネロリ、カルダモン、ブラックペッパー、ジンジャー
ミドルノート:ビーズワックス、シクラメン、リンデンブロッサム、ラベンダー、レザー
ラストノート:グルユンバルサム、パチョリ、ミルラ、シダー、トンカビーン、オークモス、ホワイトムスク、蜂蜜、バニラ、アンバー

ペンハリガン サルトリアル オードトワレ 50ml PENHALIGON’S SARTORIAL EDT [9773]

価格:15,960円
(2020/4/21 23:45時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました