究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ペンハリガン】ラバンデュラ(ジャン=ピエール・ベソワール)

その他
その他ブランドペンハリガン調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ラバンデュラ

原名:Lavandula
種類:オード・パルファム
ブランド:ペンハリガン
調香師:ジャン=ピエール・ベソワール
発表年:2004年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/21,500円

スポンサーリンク

トルコ式大衆浴場の香り



夜中から朝を過ぎて昼間までのラベンダー畑をイメージした大自然のラベンダーの香りです。「ラバンデュラ」には、標高300mあたりのスパイクラベンダーが使用されており、この品種はカンファーが強いものとなります。

まずは夜のラベンダー畑からはじまります。ハーバルなバジルとスパイスが絡み合うアロマティックな香りです。静寂の中で勢い良く香り立つラベンダーです。

やがて、朝を迎えるラベンダー畑へと場面転換していきます。クラリセージとスズランにより涼しげな一面を打ち出したラベンダーの爽やかな香りのはじまりです。

そして、昼間の温かいラベンダー畑へと収束していくのです。トンカビーンとムスク、アンバー、バニラの温かな甘さに包まれ、ラベンダーがこれ以上ないほどの優しい一面を見せ包み込んでくれるのです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「ラバンデュラ」を「間違えたラベンダー」と呼び、「ペンハリガンほどの伝統ある英国の会社ならば、まともなラベンダー香水をそなえる義務がある。何しろ世界一のラベンダーは英国で作られていたのだから(南ロンドンのラベンダービルは名高い)。今でもノーフォークではかなりのラベンダーが生産されている。」

「よいラベンダー香水を作ろうという心がけはすばらしい原料に対する謙虚さを表している。最高の原料を選び、ていねいに不純物を除き、ソフトな揮発保留剤を加える。それだけだ。悲しいことにラバンデュラはそのすべてに不合格だ。」

「少なくとも始めの5分くらいは滑らかであってほしいが、それさえかなわない。これは初めから終わりまで、ケミカルな、入浴剤のラベンダー。これに金を払うのは無駄遣いというものだ。」と2つ星(5段階評価)の評価をつけています。

この香りは、2004年にジャン=ピエール・ベソワールにより調香されました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ラバンデュラ
原名:Lavandula
種類:オード・パルファム
ブランド:ペンハリガン
調香師:ジャン=ピエール・ベソワール
発表年:2004年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/21,500円


トップノート:バジル、シナモン、ブラックペッパー
ミドルノート:クラリセージ、ラベンダー、スズラン
ラストノート:トンカビーン、バニラ、ムスク、アンバー

タイトルとURLをコピーしました