サルヴァトーレ・フェラガモ

ロジャー・ムーア10 『007 ユア・アイズ・オンリー』1(2ページ)

スポンサーリンク

作品名:007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only(1981)
監督:ジョン・グレン
衣装:エリザベス・ウォーラー
出演者:ロジャー・ムーア/キャロル・ブーケ/リン=ホリー・ジョンソン/ジュリアン・グローヴァー/カサンドラ・ハリス

スポンサーリンク

ジャッキー・チェンを覚醒させた木星帰りの007

この作品がジャッキー・チェンに与えた影響はすごかった。

ボンド・カーとして登場するロータス・エスプリターボのナイスなシルエット。

しかし、本作においてボンド・カーの活躍は見ることが出来ない。

007 ムーンレイカー』(1979)で、ジェームズ・ボンドが宇宙進出を果たした時、世界は空前の「第二次宇宙ブーム」=「異星人ブーム」でした。そして、矢追純一という男もまた虎視眈々とUFO旋風の仕掛けの種を撒いていたのでした。そんな中、製作された007シリーズ第12弾となる本作は、これ以上SFブームにのっかかることなく、原点回帰を選択したのでした。

秘密兵器は使わずに、奇想天外な特撮もなしにして、ボンドが肉体と頭脳で危機を切り抜けていく。そんなニュー・ボンドの姿が、数年後にジャッキー・チェンにより完成される、あらゆる乗り物とシチュエーション・スタントを駆使した「びっくり世界新記録」アクションてんこもり映画の魁になったのでした。

結果的に本作は、1981年の世界興行成績で、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(スティーブン・スピルバーグは、ボンドムービーの監督を希望したが、イギリス人ではないので拒絶されていた)に次ぐ第2位を記録し、日本では1981年度の外国映画配給収入で『エレファントマン』に次ぐ第2位を記録しました。

この作品が導火線となり、ジャッキー・チェン、アーノルド・シュワルツェネッガー、そして、ブルース・ウィリスの『ダイ・ハード』は生み出されたのでした。

スケキヨに似たブロフェルド登場!そして、即退場!






ジェームズ・ボンド・スタイル1 チャコールグレー・スーツ
  • テーラー:ダグラス・ヘイワード
  • チャコールグレー3ピーススーツ、2つボタン、シングル、ダブルベンツ
  • フランク・フォスターのクレリックシャツ、ネイビーのベンガルストライプ、白襟と白袖
  • チャコールグレーのネクタイ
  • ブラック・レザーベルト
  • ブラックのレザーローファー

この作品からロジャー・ムーアのスーツは『華麗なる賭け』のスティーブ・マックイーンのスーツも仕立てたダグラス・ヘイワードが仕立てたものになります。それはスイスに移住したロジャー・ムーアのためにダグラスは仕立てに来てくれるという利便性もあっての起用であり、2008年にダグラスが死去するまで、ロジャー・ムーアは、プライベートにおいても彼にスーツを仕立ててもらうようになりました。

彼のスーツのシルエットは、前作のボンドスーツにおける70年代風な幅広のラペルとフレアスカートを封印し、ハイゴージで、フロント・ボタンの位置は低めにし、クラシックなシルエットを生み出しました。

『犬神家の一族』のスケキオかと見間違うブロフェルドの後姿。

ここで、何とも歯切れの悪いブロフェルド抹殺のオープニング・アクションが始まります。もはや一人も部下がいなくなったブロフェルドが、スケールダウンした復讐劇を果たそうとするのですが、あっさりと煙突に突き落とされて死んでしまうのです。

まさにクレヨンしんちゃんのアクション仮面でありそうなチープさ極まれりです(「ビッグウェーブ作戦」のような)。そんな不安を胸にシーナ・イーストンの主題歌ははじまるのでした。

スポンサーリンク

ページ:

1

2

更新カレンダー

2019年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP