ボンド・ガール

ジェーン・シーモア3 『007 死ぬのは奴らだ』5(3ページ)

    作品名:007 死ぬのは奴らだ Live And Let Die(1973)
    監督:ガイ・ハミルトン
    衣装:ジュリー・ハリス
    出演者:ロジャー・ムーア/ジェーン・シーモア/ヤフェット・コットー/グロリア・ヘンドリー/マデリン・スミス



    一気にエキゾチックになるソリテア。

    処女を奪われた後のソリテア。70年代の香港映画に出てきそうなファッション。

    それにしてもボンドの胸のはだけ具合が凄まじい。

    元々バレリーナだったので、サメディ役のジェフリー・ホルダーともダンサー同士で話が合ったという。

    チュニックにワンポイントのネックレスがとても良い。

    ソリテア・ルック8 パンツ・ルック
    • オレンジ・チュニック・シャツ
    • ホワイト・スラックス




    どうしても頭から離れない人。

    60年代風のファッションで唐突に登場するソリテア。

    すごく綺麗です。しかし、そんな彼女のイメージが吹き飛ぶほどに、濃いキャラクターが再登場します。

    世界一のチャリ毛を持つタクシー運転手再び現る!

    ソリテア・ルック9 60年代風ドレス
    • ノースリーブのピーチデイドレス、ボウタイつき
    • 白のサンダル

    70年代のブラック・パワーを、間違いなく集約したキャラクターがこの男の存在だった。彼の名は、アーノルド・ウィリアムズ(1935-)。アル・パチーノの『哀しみの街かど』(1971)や『110番街交差点』(1972)でも、そのチャリ毛を披露している。



    異常に熱いレインボー・ドレス

    ボンドの前で主題歌を熱唱する一人の黒人女性。

    褐色の肌にレインボースパンコールの素晴らしいアンサンブル。

    ジュリー・ハリスのデザイン画。

    クラブ・シンガーに扮した黒人歌手B.J.アーノウが、主題歌をカバーするシーンで着用しているレインボー・ドレスが実に印象的です。



    ページ:

    1

    2 3

    関連記事

    1. ブリジット・バルドー2 『素直な悪女』1(2ページ)
    2. ミア・ファロー5 『ローズマリーの赤ちゃん』5(2ページ)
    3. エリザベス・テイラー4 『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』…
    4. オードリー・ヘプバーン11 『ティファニーで朝食を』2(2ページ…
    5. カトリーヌ・ドヌーヴ7/リュディヴィーヌ・サニエ 『8人の女たち…
    6. モニカ・ヴィッティ2 『太陽はひとりぼっち』2(2ページ)
    7. ジル・セント・ジョン2 『007 ダイヤモンドは永遠に』4(3ペ…
    8. マリリン・モンロー2 『ナイアガラ』2(3ページ)

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP