ジェームズ・ボンド

ロジャー・ムーア7 『007 私を愛したスパイ』2(2ページ)

    作品名:007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me(1977)
    監督:ルイス・ギルバート
    衣装:ロナルド・パターソン
    出演者:ロジャー・ムーア/バーバラ・バック/キャロライン・マンロー/クルト・ユルゲンス/リチャード・キール


    ジョーズと巡るサルディニア二泊三日の旅

    地中海に相応しいライトブラウンのスーツ。

    美しいロープドショルダー。

    ジョーズの登場!ブラウンとスカイブルーの対比。

    トリプルXに扮するバーバラ・バックの魅力は、70年代から80年代当時の日本人には理解されなかった。

    マルチストライプの美しさがわかります。

    こちらはクリーム色のシャツです。

    そして、Qと共に登場するロータス・エスプリ。

    ジェームズ・ボンド・スタイル4 ライトブラウン・シルクスーツ
    • テーラー:アンジェロ・ローマ
    • ライトブラウン・シルクスーツ、深いダブルベンツ、シングルの2つボタン、ノッチラペル、ロープドショルダー、フレア・パンツ、サイドポケットなし
    • エクリュとブラウンのマルチストライプ・シャツとクリーム色のシャツ、共にフランク・フォスターテッド・ラピドスが考案したタブカフ
    • クリーム、ライトブラウン、ダークブラウンのストライプタイ
    • ブラウンのホースビット・ローファー、サルヴァトーレ・フェラガモ


    ジェームズ・ボンドとトリプルXは、ロータス・エスプリに乗って、サルディニア島のコスタ・スメラルダ(「エメラルドの海岸」の意味)に佇むホテル「カラ・ディ・ヴォルペ」に到着します。圧倒的なラグジュアリー感。これがロジャー・ムーアの前二作には欠けていた空気でした。



    本作のハイライト・ファッション=ネイビーブレザー

    ダークネイビー×ホワイト=究極のリゾート・スタイル。

    ブレザーのボタンに特徴あり。シャンクボタンではない。

    キャンディ・ストライプも見事にマッチングしています!

    ブレザーの4つボタンとセイコーのデジタル時計の相性は抜群。

    なんとなく見えるフェラガモのホースビットローファー。

    キャンディ・ストライプ・シャツ全開!

    ジェームズ・ボンド・スタイル5 ダークネイビーブレザー
    • テーラー:アンジェロ・ローマ
    • ダークネイビーブレザー、シンブル、2つボタン、ロープドショルダー、幅広のノッチラペル、チケットボタン、金属製のシャンクボタンではなく、シルバートーンの金属製の通常のボタン
    • 白地にブルーのキャンディ・ストライプのコットンドレスシャツ、フランク・フォスター、テッド・ラピドスが考案したタブカフ
    • ブルー・シルクタイ
    • ウールギャバジンのホワイトパンツ、フレア、ベルトなし
    • ブラックレザーのゴールドホースビット・ローファー、ヒールあり、サルヴァトーレ・フェラガモ
    • セイコークオーツLC

    本作におけるボンド・スタイルの最も印象的なスタイルが、タキシード・スタイルとしたら、その双璧を成すのが、このネイビーブレザー・スタイルと言えるでしょう。そこにタイムレスなリゾート・スタイルを見ることができます。そして、21世紀を生きる私たちにとって、このリゾート・スタイルが、夏のオフィス・スタイルにも取り入れられていることを知ることができるのです。

    このボンド・スタイルは、フレアパンツと、ブレザーのラペルの太ささえ再調整すれば、夏のオフィス・スタイルとしても全く違和感のないスタイルなのです。



    ページ:

    1

    2

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。