究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ル ラボ】ポアブル23 ロンドン(ナタリー・ローソン)

その他
その他 ブランド ルラボ 調香師 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ポアブル23 ロンドン

原名:Poivre 23 London
種類:オード・パルファム
ブランド:ル ラボ
調香師:ナタリー・ローソン
発表年:2008年
対象性別:ユニセックス
価格:15ml/19,800円、50ml/38,500円、100ml/57,200円

スポンサーリンク

「もっともっと欲しくなる」香り



ル ラボが出店している都市ごとの限定の香り「シティ エクスクルーシブ コレクション」。2008年に発売されたロンドン限定の香りが、「ポアブル23」です。

ポワブルとはフランス語でペッパーの意味です。しかし、なぜどうして、ペッパーがロンドンなのでしょうか?その答えは、香りの中にも、ル ラボのHPの中にも、どこにもありません。ナタリー・ローソンにより調香されました。

最高級のブルボンペッパーと華北山椒がブレンドされた、食べたくなるような美味しそうに弾けるスパイシーなトップノートからはじまります。

この香りのポイントは、〝香りの変化を身に纏う〟です。それはスパイシーな香りがいかにして甘くクリーミーな香りへと変化していくかと言うことを肌の上でとくと味わう〝肌で食べる香り〟なのです。

さて、ミドルにおいて、スパイスの短い寿命が尽きる寸前に、煮込んだバニラと厳かなインセンスを背景に、ラブダナムとパチョリ、ガイアックウッドが現れます。更に、サンダルウッドのクリーミーさが追加され、円やかなドライダウンの中で、「再び、もっともっと欲しい」気持ちにさせられるのです。

この香りは、エンドレスに続くパブロフの犬の実験なのかもしれません。トップは速やかに失われ、ドライダウンの中で、トップを思い出させる香りが現れ、肉体を疼かせ、「もう一回お願い」したくてしょうがなくなるというあんばいなのです。

ル ラボというブランドの危険な魅力がぎっしり詰まった香りです。

ひとつだけ忠告させてください。シティエクスクルーシブは、宗教=オピウムなのかもしれません。だから、骨の髄までしゃぶりつくされる覚悟で、「香りのファーストクラス・チケット」をご購入ください。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「ポアブル23 ロンドン」を「バルサミックタイム」と呼び、「ルラボのことだから必ずしもペッパーの香りではないことは想像がつく。むしろ温かみのあるウッディなバルサミック・タイムの配合だ。質は高いが、おもしろさはほどほど。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

香水データ

香水名:ポアブル23 ロンドン
原名:Poivre 23 London
種類:オード・パルファム
ブランド:ル ラボ
調香師:ナタリー・ローソン
発表年:2008年
対象性別:ユニセックス
価格:15ml/19,800円、50ml/38,500円、100ml/57,200円


シングルノート:ラブダナム、オーストラリア産サンダルウッド、インドネシア産パチョリ、ブルボンペッパー、バニラ、ガイアックウッド、スティラックス、インセンス

タイトルとURLをコピーしました