その他

フィル・ダニエルズ1 『さらば青春の光』1(3ページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品名:さらば青春の光 Quadrophenia (1979)
監督:フランク・ロッダム
衣装:ジョイス・ストーンマン
出演者:フィル・ダニエルズ/スティング/レズリー・アッシュ/マーク・ウィンゲット



すべてのモッズ・ファッションを愛する野郎どもへ・・・

9人のモッズ。真ん中にいるのは、〝ポリス〟スティング様。

1960年代前半にイギリス・ロンドンから一大ファッション・ムーブメントが生まれました。その名を〝モッズ〟と呼びます。本作『さらば青春の光』は、ザ・フーが1973年に出したロック・オペラ・アルバム『四重人格』(全米・全英No.2)をベースに、1964年のモッズ・ライフを描いた作品でした。

それは、ジミーというモッズ少年が、一人の少女に恋をして、無残にフラれ、親友にその少女を奪われ、殴り合いの喧嘩をし、憧れのモッズの先輩が、普段はただのベル・ボーイに過ぎないことを知り、「カッコをつけて生きる」ということの意味を見失う、不器用で惨めな青春が描かれています。

モッズとは、いわば僕にとっての生活規範みたいなものさ。人生に何かを与えてくれるのさ。僕は今でもモッズ。きっとこれからもずっとね。もし僕が死んだら、墓碑には〝ここにモッズが眠る〟と書いてくれてもかまわないよ。

ポール・ウェラー、1991年。

本作は1979年に公開され、ポール・ウェラー率いるザ・ジャムの人気絶頂が相乗効果となり、モッズ・リバイバル=ネオモッズと呼ばれるブームが始まるのでした。

モッズとスクーターは切り離せない関係です。1960年代。

水木しげるの妖怪チックな異様なスクーターが、当時大流行しました。

モッズの始まりは、細かく言うと、1958年からとされています。そして、大まかに言うと、1950年代末から60年代半ばにかけて、イギリスはロンドンを中心に巻き起こった〝一歩先を行く若者達のムーブメント〟です。ファッション、音楽、スクーター、ドラッグ、セックスといったさまざまな要素に対して、「モダン=最先端を突っ走る」というひとつの美学にまとめ上げたスタイル。そのファッションは、単純化すれば以下の三点に集約されます。

1.イタリアン・スタイルの細身の3つボタンスーツ=モッズスーツ
2.モッズコート
3.ヴェスパかランブレッタのスクーター



モッズ・ファッションの生誕

1960年代前半のカーナビー・ストリート。ヒズ・クローズ前。

スウィンギング・ロンドン化しつつある1960年代半ばのカーナビー。

ジョン・スティーヴンと愛車のロールスロイス、1964年。

それは、1957年に、カーナビー・ストリートにおいて最初のブティックが出来たことから始まります。後に〝カーナビー・ストリートの帝王〟と呼ばれることになるジョン・スティーヴン(1934-2004)が手がけた伝説のモッド・セレクトショップ「ヒズ・クローズ」です(ザ・フー、キンクス、スモール・フェイセズ、ローリング・ストーンズが常連となる。1967年までに15店舗に膨らむ)。それ以後、カーナビー・ストリートに多くのモッド・ショップが誕生し、最先端のオシャレを発信するストリートへと変貌を遂げていくのでした。

そして、1962年にモッズがはじめてメディアに取り上げられ、英国中の10代の若者に浸透していくことになります。しかし、1964年に、ロッカーズとの抗争が新聞で取り上げられ、不良少年の集団としてイメージされるようになりました。

1966年以降は、英国経済の悪化(=英国病)も重なり、スキンヘッズ、もしくはヒッピーへと変貌を遂げてゆくことになります。そして、ファッション文化の最先端も、ロンドンからサンフランシスコへと移行し、モッズは完全に終焉を迎えることになるのでした。



ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ジョージ・レーゼンビー3 『女王陛下の007』3(2ページ)
  2. ダニエル・クレイグ6 『007 慰めの報酬』1(2ページ)
  3. ロバート・レッドフォード3 『華麗なるギャツビー』7(2ページ)…
  4. ショーン・コネリー6 『007/サンダーボール作戦』2(2ページ…
  5. シド・ヴィシャス2 『シド・アンド・ナンシー』2(2ページ)
  6. ダニエル・クレイグ1 『007 スペクター』1(2ページ)
  7. スティーブ・マックイーン1 『ゲッタウェイ』1(2ページ)
  8. ショーン・コネリー2 『007/ロシアより愛をこめて』1(3ペー…

女性目線の男磨き

PAGE TOP