アン・フリッポ

私のミモザ (アン・フリッポ)

    香水名:私のミモザ(ミモザ・プー・モア) Mimosa Pour Moi オード・トワレ
    ブランド:ラルチザン
    調香師:アン・フリッポ
    発表年:1992年(日本販売終了)
    対象性別:ユニセックス
    価格:100ml/17,712円





    ★★★☆☆ フルーティ・ミモザ

    ミモザという花は驚くほど素朴な香りがするものだ。パウダリーなアーモンドミルクの甘さと気立てのよい柔らかな雰囲気をもつ。「ミモザ・プー・モア」は、トップノートにミモザの生花を十二分に再現しているものの、残念なことに、最後はミモザとかけ離れたフルーティなバイオレット様ムスクに落ち着く。― ルカ・トゥリン

    『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

    トップノート:バイオレットリーフ、カシスのつぼみ
    ミドルノート:ミモザ
    ラストノート:ムスク、バニラ、シダーウッド

    ミモザというフレグランスではあまり使用されない素材は、ユニセックス・フレグランスにはまず使用されません。そんなミモザに挑戦した香り。「ボクのミモザ」

    ミモザの花束に顔を埋めるような暖かさと、甘さが抑えられた透明感に満ちたフローラル・グリーンの香りは、アン・フリッポによる調香です。それは、早春に白いシャツを着た男性にも女性にもよく似合う香りです。



    関連記事

    1. ジャック・キャヴァリエ ルイ・ヴィトンの調香師(3ページ)
    2. クリスタルブルーム (クリスティーヌ・ナジェル)
    3. アガール・エベンヌ (クリスティーヌ・ナジェル)
    4. ウード & ベルガモット・コロン・インテンス (クリスティーヌ・…
    5. アンバー・エクストリーム (ジャン=クロード・エレナ)
    6. オピウム (ジャン・アミック/ジャン・ルイ・シュザック)(2ペー…
    7. 夜間飛行 (ジャック・ゲラン)
    8. ホットクチュール (ジャック・キャヴァリエ)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP