ミア・ファロー

ミア・ファロー4 『ローズマリーの赤ちゃん』4(2ページ)

    作品名:ローズマリーの赤ちゃん Rosemary’s Baby (1968)
    監督:ロマン・ポランスキー
    衣装:アンシア・シルバート
    出演者:ミア・ファロー/ジョン・カサヴェテス/ルース・ゴードン/モーリス・エヴァンス



    パステルブルーのキルティングガウン

    悪魔について書かれた古書を読むローズマリー。

    ピクシー・カットは、ジャンヌ・ダルクのような殉教者的イメージも生み出しています。

    そして、何よりもこのシーンのガイのアイビー・ルックのクールさ。

    ローズマリー・ルック17 キルティングガウン
    • パステルブルーのキルティング・ナイロンガウン、白のリボンとフリル付き
    • ブルーのスリッパー

    このオリーブ・カラーのジャケットこそ、60年代クールの代名詞。

    このシーンにおける主役は完全に、ローズマリーの夫ガイを演じるジョン・カサヴェテスです。アイビー・ルックの決定版とも言えるスタイルで登場します。コットン製のオリーブ・スーツにエクリュ色のストライプが入った白地のオックスフォード・ボタンダウン・シャツ、そして、シルクのネイビーブルーのレジメンタルタイとブラウンのレザー・キャップトゥ・シューズという出たちです。



    本作のベスト・ルック!

    現代でも十分通用するウィンター・プリンセス・コーデ。

    まだほとんどメディアで取り上げられていない〝神ルック〟です。

    ボンボン付きのニット帽と揃いのマフラー。

    悪魔の子を宿し、やつれ果てているローズマリー。

    ローズマリー・ルック18 プリンセス・コート
    • ネイビーのプリンセス・コート
    • ネイビーに赤とグリーンのタータンチェック柄のマフラー。両端にタッセル
    • マフラーとお揃いのボンボン付きニット帽
    • 黒のウールの手袋
    • ブラウンのレザーのショルダーバッグ
    • 黒タイツ
    • 黒の長靴

    1967年8月の撮影開始時点のミア・ファローの体重は、菜食主義であることもあり、すでに痩せ型の44キロ(162cm)でした。しかし、ロマン・ポランスキー監督は、妊娠したローズマリーがどんどん病的になっていく経過を見せるために、撮影を同時進行で体重を落として欲しいと要求しました。

    そして、一番最後の撮影で、もっともやつれ果てたミア・ファローを撮影しました。そのシーンこそ、クリスマスの日に撮影した、ニューヨーク五番街のティファニーの前でルース・ゴードンと再会するシーンでした。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. グレース・ケリー1 『泥棒成金』1(4ページ)
    2. アニー・デュプレー1 『薔薇のスタビスキー』1(2ページ)
    3. マリリン・モンロー9 『紳士は金髪がお好き』3(3ページ)
    4. グレース・ケリー10 『真昼の決闘』(3ページ)
    5. ブリジット・バルドー2 『素直な悪女』1(2ページ)
    6. ダイアン・キートン2 『アニー・ホール』2(2ページ)
    7. ウルスラ・アンドレス1 『007/ドクター・ノオ』2(4ページ)…
    8. ナタリー・ポートマン2 『レオン』2(2ページ)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP