究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

フェイ・ダナウェイ6 『華麗なる賭け』6(2ページ)

フェイ・ダナウェイ
フェイ・ダナウェイ 女を磨くアイコン 映画女優
この記事は約3分で読めます。

作品名:華麗なる賭け The Thomas Crown Affair (1968)
監督:ノーマン・ジュイソン
衣装:セオドア・ヴァン・ランクル/ダグラス・ヘイワード
出演者:スティーブ・マックイーン/フェイ・ダナウェイ/アストリッド・ヒーレン

スポンサーリンク

トレンチスーツ再び

再度登場するトレンチスーツ。今度はソフト帽とピンクのタートルネックで合わせています。

オールバックにソフト帽でクールさを演出。

姿勢が悪い女性にはタバコが似合う。

ハードボイルドな魅力も漂う。

ヴィッキー・ルック9 トレンチスーツ×ピンク・タートルネック
  • トレンチスーツ、エポレットなし、スカートまで連なるフロントボタン
  • ピンクのソフト帽
  • ピンクのタートルネック
  • ホワイトタイツ
  • ゴールド・リングイヤリング

トレンチスーツとタバコのアンニュイなマッチング。ここにミシェル・ルグランの音楽と60年代特有のアイメイクさえあればもう何もいらない。オンナは孤独を味方にして、オトコを虜にするのだ。

『華麗なる賭け』のアイコニックコート

素晴らしいサイドボタンノーカラーコート。

トーマス・クラウンに扮するスティーブ・マックイーンと共に。

マックイーンと対等に共演した女優は彼女意外に存在しない。

パッと花びらが開くような〝ゴッドまつげ〟!!

全てのバランスがパーフェクトなコートです。

ヴィッキー・ルック10 サイドボタンコート
  • ライラック色のAラインのサイドボタンコート。ベルスリーブ、左サイドクルミボタンが並ぶ、モックネック
  • ホワイトタイツ
  • シルバーのローヒールパンプス
  • ピンクベージュのハンドバッグ

撮影当時26歳だったフェイ・ダナウェイは、本作において、スティーブ・マックイーンクラスの大物俳優とはじめて共演することになりました(後に『タワーリング・インフェルノ』(1974)で再共演)。ファッションショーのように衣裳をチェンジすることによって、彼女はその自由奔放な役柄にパワーを与えられました。

このサイドボタンコート・スタイルは、チェスシーンにおいて、マックイーンと対等に張り合うだけでなく(それすら並みの女優では到底適わない)、マックイーンという当時脂の乗ったメンズ・アイコンを相手に、その上を行く、存在感を示さなければならなかったフェイ・ダナウェイの、どこか男を翻弄する妖精のようなイメージを生み出していました。

タイトルとURLをコピーしました